ヤクルト・オスナが決勝打!若松氏「粘って1点取りましたね」

1

2021年11月24日 21:04  ベースボールキング

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ベースボールキング

写真ヤクルト・オスナ (C) Kyodo News
ヤクルト・オスナ (C) Kyodo News
【日本シリーズ第4戦】
○ ヤクルト 2 − 1 オリックス ●
<11月24日 東京ドーム>

 ヤクルトは同点に追いつかれた直後の6回に、オスナが決勝の適時打を放った。

 1−0の6回に同点に追いつかれた直後の6回裏は、先頭の山田哲人が四球で出塁するも、続く村上宗隆の一直に一塁走者・山田が戻れず2アウトに。それでも、サンタナが四球、中村悠平の右安で一、二塁とし、オスナがセンター前に勝ち越しの適時打を放った。

 24日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイタースペシャル 日本シリーズ第4戦 ヤクルト−オリックス戦』で解説を務めた若松勉氏はオスナの適時打に「大振りしないでそれがヒットになりましたね。なかなかいいバッティングでしたね」と話し、6回の攻撃には「ダブルプレーでダメかなと思いましたけど、みんな粘って1点取りましたね」と振り返った。

(ニッポン放送ショウアップナイター)

    ランキングスポーツ

    前日のランキングへ

    ニュース設定