F1、バルセロナとのスペインGP開催契約を2026年まで延長

0

2021年11月26日 19:11  AUTOSPORT web

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AUTOSPORT web

写真2021年F1第4戦スペインGP スタートシーン
2021年F1第4戦スペインGP スタートシーン
 F1は、11月26日、サーキット・デ・バルセロナ-カタロニアとのスペインGP開催契約を2026年まで延長したことを発表した。スペインGPは同サーキットで1991年から開催されている。

 新たな契約のなかには、2022年5月22日の開催に向けて、トラックと施設の改善がなされることが含まれているということだ。

 F1のプレジデント兼CEOステファノ・ドメニカリは、「サーキット・デ・バルセロナ-カタロニアとの契約を発表できることをうれしく思う」と述べている。

「プロモーターおよび当局に感謝する。彼らはF1をバルセロナに残すための熱意とコミットメントを示し、トラックおよび施設に改善を施し、長い歴史を我々と共に歩んでいくことになる」

「チームもドライバーも、バルセロナを訪れ、このサーキットでレースをすることを毎年楽しみにしている。スペインのファンは、国民的ヒーローであるフェルナンド・アロンソとカルロス・サインツを今後も間近に見ることができる」

 プロモーターは、今回の契約には、バルセロナサーキットを「この種の施設に適用される持続可能性のひとつのモデルであり世界的なベンチマークにするための、相互コミットメント条項」が含まれていると述べている。

「我々はこのサーキットが、グリーン・トランスフォーメーションを主導する存在となること、インフラを気候非常事態に求められる条件に適応させることを望んでいる」
    ニュース設定