プロスト「現役F1ドライバーでベストなのはアロンソ」と絶賛

1

2021年11月27日 08:00  AUTOSPORT web

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AUTOSPORT web

写真2021年F1第20戦カタールGP フェルナンド・アロンソ(アルピーヌ)が3位を獲得
2021年F1第20戦カタールGP フェルナンド・アロンソ(アルピーヌ)が3位を獲得
 4度のF1チャンピオンであり、現在アルピーヌF1チームのノンエグゼクティブディレクターを務めるアラン・プロストが、同チームのドライバー、フェルナンド・アロンソについて、現役F1ドライバーのなかでベストであるとの考えを示した。

 アロンソはF1第20戦カタールGPで、2014年のハンガリーGP以来となる表彰台フィニッシュを飾った。2675日ぶり、105レースぶりのことだった。

 予選5番手タイムを記録したアロンソは、他のドライバーがペナルティでグリッド降格となったために3番グリッドに繰り上がった。スタートでアルファタウリ・ホンダのピエール・ガスリーを抜いて2番手に上がった後、マックス・フェルスタッペンに抜かれて3番手に戻った。その後、大勢のドライバーがタイヤに苦労するなか、終盤のバーチャルセーフティカーもあり1回ストップを成功させ、チームメイトであるエステバン・オコンの助けもあって、2回ストップのセルジオ・ペレス(レッドブル・ホンダ)からポジションを守り、2.849秒差をつけて3位でフィニッシュした。

 ルイス・ハミルトンとフェルスタッペンとともに表彰台に立った後、アロンソは「表彰台を本当に長い間待っていたから、うれしいよ」とメディアに語った。

「僕にとって変な感じのする表彰台だった。何をすればいいのか分からなかった。(タイトルをかけて)戦っているふたりがいたから、僕はあまり目立ちたくなかったんだ」

 しかしプロストは、カタールのトップ3のドライバーのなかで、自分にとってはアロンソがベストであるとして称賛した。

「私にとっては、現役F1ドライバーのなかで、彼(アロンソ)がベストドライバーだ」とプロストは『Auto Motor und Sport』のインタビューで断言した。

「彼のレース全体を見通す力は信じられないほど素晴らしい。また、タイヤに対する感覚、マシンについての発言、エンジニアたちに情報を与えるやり方も、極めて優れている」

 2度のF1チャンピオンであるアロンソは、2015年から2018年までマクラーレンで苦しいシーズンを過ごした後、F1から離れ、2年間、WECなど他のカテゴリーに参戦、2021年にF1に復帰した。2年間のインターバルは、アロンソにある面では変化をもたらした。

「フェルナンドは、自分は違う人間になったのだと常に私に言っている。そのとおりだと私も思う」とプロストは述べた。
「彼は100パーセント、チームに尽くしている。チームにとって非常に良いことだ」

■ロス・ブラウン「アロンソほどの才能の持ち主が2度しかタイトルを取っていないことが残念」
 現在40歳でグランプリ出走331回のアロンソは、すでにアルピーヌと2022年の契約を結んでいる。その後、ドライバーキャリアをどれだけ長く続けるかについては、今後、選択肢を評価していくことになる。2022年にはF1の技術規則が大幅に変わるため、チーム間の序列が一変する可能性もあると考えられており、各チームはチャンスをつかんで浮上することを狙っている。

 アロンソは、2022年にアルピーヌが速いマシンを作り出し、タイトル争いに加わることを期待している。

「2022年には皆が同じカードで戦うことになる。僕たちは賢く対処し、速いマシンを作る必要がある」とアロンソはカタールで語った。
「それができるなら、僕としては自信がある。戦いに立ち向かう準備はできているよ」

 アロンソはルノーで2005年と2006年に連続してチャンピオンになったが、その後のマクラーレン、ルノー、フェラーリでのシーズンではタイトルに届かなかった。

 F1のモータースポーツ担当マネージングディレクターを務めるロス・ブラウンは「彼があれほどの才能がありながら、2度しか世界タイトルを獲得していないことに、私は常に不満を感じている」と今週述べた。

「今の彼は、とても楽しみ、本領を発揮している。彼は今もF1に夢中なのだ。それがはっきり分かる」

 アロンソは第20戦終了時点で、ドライバーズ選手権において、オコンに17ポイント差をつけて10位に位置している。

 ふたりの関係は良好で、協力し合ってチームのために最大の結果を出すことを心がけている。アルピーヌはコンストラクターズ選手権で一時アルファタウリに追いつかれたが、カタールでのダブル入賞で、一気に引き離し、この勢いを保ち、5位を確保しようとしている。
    ニュース設定