Looop、送配電ネットワークによる電力供給を開始

0

2021年11月27日 09:01  マイナビニュース

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

マイナビニュース

写真画像提供:マイナビニュース
画像提供:マイナビニュース
Looopはこのほど、オフサイトコーポレートPPA対応の太陽光発電所設置サービスを開始。その第一号として、東海理化に提供する長野県内の太陽光発電所のEPC(設計・調達・施工)を受注することを中部電力ミライズと合意した。


オフサイトコーポレートPPAは、企業の敷地から離れた場所にある発電所から、送配電ネットワークを経由して企業に電力を供給する仕組みで、追加性のある再エネ導入手段として注目されている。



大規模な再エネ導入が期待できる一方で送配電費用が発生するデメリットもあり、より精緻な太陽光発電量予測と優れた調達と施工技術によるコストコントロールが求められる。



同社では、今回開始する第一号案件においては太陽光発電所の設計・調達・建設を担当するが、再生可能エネルギーの発電から小売までの機能にも一貫して対応できるようになっている。そのため、発電所の保守管理や小売電気事業者による発電計画作成に必要な太陽光発電量予測値の提供も可能とのこと。(フォルサ)
    ニュース設定