松下洸平、井浦新、赤楚衛二、町田啓太 秋ドラマは“社長を支えるメンズ”が大活躍

0

2021年11月27日 10:11  クランクイン!

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

クランクイン!

写真(左から)『最愛』に出演する松下洸平、井浦新、『SUPER RICH』に出演する赤楚衛二、町田啓太  クランクイン!
(左から)『最愛』に出演する松下洸平、井浦新、『SUPER RICH』に出演する赤楚衛二、町田啓太  クランクイン!
 10月クールドラマは会社社長の活躍が目覚ましい。そんな中『最愛』(TBS系/毎週金曜22時)と『SUPER RICH』(フジテレビ系/毎週木曜22時)では、女性の社長をとりまく男性たちの存在もまた作品を彩る魅力のひとつになっている。ときに甘え、ときに頼もしくリードし、ときに社長の謎を解き明かそうと躍起になる…。そんな社長を支えるメンズに心ほだされるのもまた事実。今回は『最愛』から宮崎大輝(松下洸平)、加瀬賢一郎(井浦新)、『SUPER RICH』から春野優(赤楚衛二)、宮村空(町田啓太)、それぞれの魅力をひも解いていきたい。

【写真】ドラマの中での松下洸平、井浦新、赤楚衛二、町田啓太

■愛と正義の狭間で苦悩 忘れられない初恋の男・宮崎大輝

 『最愛』の社長・真田梨央(吉高由里子)の初恋の相手にして、彼女を取り巻く殺人事件を調べる刑事でもある宮崎大輝。大学時代には、梨央と家族ぐるみで親しくしてきた大輝が、自らの手で梨央や弟の優(高橋文哉)を追い詰める情け容赦ないストーリーに心が引き裂かれそうになる。梨央を心から大切に思っているからこそ、刑事としてその無実を証明しようとしていた大輝は、結果的に優を連行することになってしまう。梨央と優を守りたい、しかし刑事としての責任がある、そんな板挟みの感情を真摯(しんし)に表現するのが松下洸平だ。

 これまでさまざまな役柄に挑戦してきた松下が、本作では正義感にあふれた一本気な男を泥臭く演じる。松下の芝居の真骨頂こそ、この「正義」に対峙(たいじ)する感情の揺れにあるだろう。これまでも真っすぐ過ぎるほど誰かを愛し、向き合う役を演じてきた松下。今回は刑事として真相を突き止めようという姿と、大切な人への思いに苦しむ誠実さが実に松下らしく、そこには色香すら漂う。大輝の考える「逃げずに真実と向き合うこと」が必ず梨央を助けることにつながると一縷(いちる)の希望を信じて、先を見守りたい。

■強さと信念を兼ね備えた弁護士・加瀬賢一郎

 真田ウェルネスの弁護士であり、法的手段を用いてさまざまなことから梨央の立場を守る存在が加瀬だ。白川郷から出てきた梨央を温かく迎え入れ、どんな時も一番近くで支えてきた。梨央だけでなく梨央が大切に思う優のことも気にかけており、仕事とプライベートの両面で無くてはならない存在でもある。大輝と離れてからの梨央のそばにはいつも加瀬がいて、梨央が困っている時も心細い時も支えてきた。ときには父親代わりに、ときに恋人のような親密さも見せ、何気ないやりとりは兄妹のようでもある。加瀬にとっての梨央の存在がどんな類いの「愛」なのかは明らかにされていないが、大切な相手であることには違い無いだろう。

 加瀬を演じるのは『あのときキスしておけば』(テレビ朝日系)で中身が別の女性に入れ替わってしまう男性を演じ、その類いまれな芝居のセンスで視聴者をとりこにした井浦新だ。圧倒的な包容力と、少し影を感じさせるこの役にこそ、井浦のどこかひょうひょうとしたイメージが無くてはならないスパイスとなったように感じる。長い時間を共にし、共犯めいた絆ができるにつれ余計に魅力を放つ罪深い男だ。

■あざとかわいさNo.1の子犬系男子・春野優

 10月クールドラマのキャラクターの中で、最もあざとかわいいのが『SUPER RICH』の春野優だろう。まんまるの潤んだ瞳で社長の氷河衛(江口のりこ)を見つめ、いつの間にかスリースターブックスにも衛の自宅にも入り込む。優はピュアで悪意の感じられない真っすぐさで、恋にも猪突猛進。衛に対しても真摯に告白して気持ちを伝え、何度かわされてもめげずに立ち向かってゆく。さらに仕事の戦力としてのスキルアップも怠らず、自ら会社の留学プロジェクトに志願し語学を含むビジネススキルを習得。短期間で急成長を遂げている。

 そんな優を演じるのは、大注目の役者・赤楚衛二だ。『チェリまほ』の名で広く愛された『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』(テレビ東京)で連続ドラマ単独初主演を飾り、その後『彼女はキレイだった』(カンテレ・フジテレビ系)でもキーパーソン的立ち位置を任されるなど活躍目覚ましい、勢いのある俳優である。さらに、優の恋のライバル・宮村を演じる町田とは、『チェリまほ』で恋仲を演じた経緯もあり、二人の再共演は大きく注目された。今後の衛の心を動かす重要な役どころとして期待が持てるだけに子犬VS忠犬(宮村空)の戦いにも注目したい。

■大人の魅力と忠誠心が光る宮村空

 スリースターブックスの人事責任者として衛を献身的に支えているのが宮村空だ。第5話では、田中リリカ(志田未来)が恋人同士だとうわさするほど衛との精神的距離が近い宮村。かつて仕事でひどいパワハラにあっていたところを救われた経緯から、忠犬のように衛をサポートすることに情熱を注ぐ。その一方で、上司としてだけではなく女性としても衛に惹(ひ)かれていることは一目瞭然。空の気持ちは他の社員も薄々気づいており、同じく衛に好意を寄せる優からはライバル視も。

 そんな宮村の魅力はまさに、あくなきまでの「忠誠心」だろう。自分が先頭に立って会社やプロジェクトをけん引したいわけではなく、あくまでも“衛のため”であることを優先する。そのため、衛にとって気の進まない事業では彼女を気遣う場面も。

 加えて、宮村役を高身長で落ち着いた所作のよく似合う町田啓太が演じることで、誠実さや優しさの中に垣間見られる“男らしさ”がより一層の魅力を増す。余裕のある仕事ぶりや、他のスタッフとの落ち着いたコミュニケーションを見るに、衛にとって公私共にパートナーになれそうな宮村の存在は優からすれば脅威となるだう。

 どのキャラクターもそれぞれの個性と魅力で女性たちを支え、愛を貫く。社長という重圧にのまれそうな時も、困難に立ち向かわなければならない時も、気づけばそばにいる彼らの魅力にのまれないわけがない。人肌恋しい季節に、男たちの魅力に酔いしれながらドラマを追いかけ、活躍を見届けたいと思う。(文:Nana Numoto)

 『最愛』は、TBS系にて毎週金曜22時放送。『SUPER RICH』はフジテレビ系にて毎週木曜22時。
    ニュース設定