鑑賞には顕微鏡が必要!? 鉛筆の先よりも小さいマイクロ彫刻がすごい

23

2021年11月27日 10:37  ねとらぼ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ねとらぼ

写真1.5ミリメートルの鳥の彫刻
1.5ミリメートルの鳥の彫刻

 フランス人のマイクロ彫刻家のマリー・コイドンさんが手がける、鉛筆の先よりも小さい鳥や犬の彫刻に注目が集まっています。



【画像】ほかの作品を見る



 樹木にとまっている2羽の小鳥の彫刻は、それぞれわずか1.5ミリメートルと2ミリメートルほどのサイズ。肉眼で鑑賞するのはちょっと難しそうですが、マクロレンズで撮影された写真では、愛らしいクチバシを持った小鳥が両翼を広げている姿が細部まで表現されていることがしっかり確認できます。



 中にはわずか3ミリのカササギの背中に、さらに小さな男の子が乗っているマイクロ彫刻も。「鑑賞するのに顕微鏡が必要!」といった声があがっています。ちなみにカササギの背にいる男の子のサイズはなんと0.7ミリというから驚きです。



 鳥の他にも2ミリのオーストラリアン・シェパードやわずか8ミリメートルの翼を広げたドラゴンも。2ミリのロッキングチェアはまさにアリが座るサイズです。



 マリーさんはマイクロ彫刻の素材に硬化させた接着剤や髪の毛などを用い、縫い針や非常に小さなメスを道具に使って顕微鏡をのぞきながら作品を作るそうです。鉛筆の芯を素材にした作品は芯が壊れやすいこともあり、非常に大きな集中力を要する作業とのこと。



 マリーさんの公式Webサイト「Microsculptures」には他の動物の彫刻や勉強机といった家具の彫刻など目に楽しいマイクロ彫刻が目白押しです。作品はオンラインで販売もされているので、興味のある方は見てみてはいかがでしょう。



Image credit:Marie Cohydon


このニュースに関するつぶやき

  • マジに顕微鏡が必要なナノアートを記者は知らないのか? https://japan.cnet.com/article/35056672/
    • イイネ!3
    • コメント 1件
  • これらを作るために生まれてきたとしか思えないな(*´・ω・)!
    • イイネ!16
    • コメント 2件

つぶやき一覧へ(7件)

ニュース設定