途中出場から三笘が今季4点目も…首位ユニオン、連勝が6でストップ

0

2021年11月27日 12:16  サッカーキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

サッカーキング

写真三笘薫(写真は10月) [写真]=Getty Images
三笘薫(写真は10月) [写真]=Getty Images
 ジュピラー・プロ・リーグ第16節が26日に行われ、日本代表MF三笘薫が所属するロイヤル・ユニオン・サン・ジロワーズはホームでルーヴェンと対戦。三笘はベンチスタートとなった。

 2位に勝ち点7差をつけて首位を走る昇格組のユニオン・サン・ジロワーズは前節も7−1で圧勝と好調。しかしこの試合は13位のルーヴェンに先行を許す。13分、ゴール正面でFKを得たルーヴェンはサインプレーで再開すると、ゴール前の混戦からキャスパー・デ・ノーレが蹴り込んで先制する。さらに40分にはユニオン・サン・ジロワーズの自陣でのつなぎを奪うとマチュー・マルテンスが決めて、リードを広げて前半を終える。

 2点を追うユニオン・サン・ジロワーズは後半開始から三笘を投入。すると51分、左ウイングバックの三笘は自陣で相手パスをカットすると、猛然とゴール前へスプリントを開始する。ボールはデニズ・ウンダヴから左サイドに流れたテディ・テウマにわたると、クロスボールがピンポイントでゴール前の三笘へ。右足のダイレクトで合わせて1点差とする。三笘は第11節でハットトリックを達成したスラン戦以来の今シーズン4点目となった。

 このまま同点としたいところだったが、次の得点はルーヴェンに。67分、右サイドからのグラウンダーのクロスを受けたザヴィエル・メルシエが決めて、大きな追加点を獲得。試合はそのまま3−1でルーヴェンが勝利を手にした。

 ユニオン・サン・ジロワーズは連勝が6でストップ。次節はシント・トロイデンと対戦する。

【スコア】
ロイヤル・ユニオン・サン・ジロワーズ 1−3 ルーヴェン

【得点者】
0−1 13分 キャスパー・デ・ノーレ(ルーヴェン)
0−2 40分 マチュー・マルテンス(ルーヴェン)
1−2 51分 三笘薫(ロイヤル・ユニオン・サン・ジロワーズ)
1−3 67分 ザヴィエル・メルシエ(ルーヴェン)


【動画】三笘薫、鮮やかボレーで今季4点目
https://twitter.com/dazn_jpn/status/1464451708352925712
    ニュース設定