「掛け布団」おすすめ5選 ふかふかで温かいけど、蒸れにくい【2021年最新版】

0

2021年11月27日 18:10  Fav-Log by ITmedia

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

Fav-Log by ITmedia

写真タンスのゲン「羽毛布団 シングル」(出典:Amazon)
タンスのゲン「羽毛布団 シングル」(出典:Amazon)

 寝ているときに、足元や首元が冷えることはありませんか? 寒さが厳しくなるこれからの季節、体を冷やさないためにも、一度「掛け布団」を見直してみてはいかがでしょうか?

【その他の画像】

 掛け布団には、肌掛け布団や合い掛け布団などさまざまなタイプがありますが、今回は秋冬の寒い季節に使える、しっかり厚みのある本掛け布団を中心に紹介します。自分に合う掛け布団を選び、ふかふかで温かい布団を掛けて、良質な睡眠を実現しましょう。

●掛け布団:羽毛布団は、吸放湿性やフィット性など総合的に優れている

 掛け布団を選ぶ際は、まず中身の素材を確認しましょう。ある程度お金を掛けられるのなら、基本的には、羽毛布団がベストの選択と言えます。

 羽毛布団は、保温性と吸放湿性に優れているのが特徴。ふかふかの質感と高い保温性で寒さから体を守りつつ、内部の湿気を外に出すこともできるので、蒸れにくくなっています。

 フィット性が高く、隙間ができてしまいがちな首元や肩まわりにも、しっかりフィットし、冷たい空気の侵入を防止します。

 ちなみに、羽毛布団には、主にグースかダックの羽毛が使われています。一概には言えませんが、より高品質な布団で眠りたいなら、基本的にはグースを使ったモデルがおすすめ。中身のダウン率については、85%を超えるものが良質なものと言えるでしょう。

 あわせて、ダウンパワーも確認しておきましょう。ダウンパワーは、羽毛の膨らみ具合を数値化したもの。目安としては、400ダウンパワー以上のものがおすすめです。

●掛け布団:リーズナブルな価格で良質なものを求めるなら、ウールかコットン

 羽毛布団は値段的に手が出せないけど、ある程度質の良い布団が欲しいという場合は、ウールかコットンを使った掛け布団が良いかもしれません。

 ウールは、ある程度の保温性と、高い吸放湿性を持つ素材。特に、ウール100%のようにウールの含有量が多いものは、羽毛布団に劣らない優れた吸放湿性を発揮するので、布団の中が蒸れにくく、汗をかきやすい人にもピッタリです。

 コットンは、布団の素材として昔から使われているもので、保温性と吸湿性に優れているのが特徴。体を温めながら、内部の汗は吸収してくれるため、布団のべたつきが防げます。

 へたれてしまった場合は、打ち直しも可能なので、長く使い続けたい人にもおすすめです。ただし、他と比べて放湿性は劣るため、湿気を吸って徐々に重くなっていくことがあります。最低でも1週間に一度は天日干しするなど、定期的なお手入れが必要になります。

●掛け布団:衛生面にこだわるなら、抗菌・防ダニ加工されたものがおすすめ

 掛け布団は、ほぼ毎日使うことになりますから、衛生面にも気を付けたいですよね。抗菌加工が施されているものなら、常在菌の増殖を抑え、嫌な臭いの発生を低減できます。

 また、布団というと、心配になるのがダニの発生ですよね。そこで重要になるのが、防ダニ加工。防ダニ加工には、主に、薬剤を使ってダニを侵入させないものと、高密度生地の使用によってダニを通さないものがあるので、チェックしておきましょう。

 中には、羽毛の臭いが苦手だったり、ホコリの発生が気になる人もいると思います。その場合は、動物の毛を使っていないポリエステル100%の製品がおすすめです。

 他のタイプと比べて保温性や吸放湿性などは若干劣りますが、ポリエステルなら家庭で洗濯可能の場合も多く、お手入れが簡単。値段も安めなので、手軽に清潔に使いたいという人にピッタリのタイプと言えます。

●掛け布団:おすすめモデルはコレ!

西川「SEVENDAYS 掛け布団 シングル」

 西川の「SEVENDAYS 掛け布団 シングル」は、詰め物にポリエステル100%を使用した掛け布団。温かい空気をたっぷり含むことができる特殊素材を使うことで、羽毛布団のような柔らかさとボリューム感、保温力を実現しています。

 羽毛などの動物の毛を使っていないので臭いが少なく、ホコリも立ちにくくなっています。抗菌防臭加工済みの製品で、家庭での洗濯にも対応しているため、清潔に使用できます。側生地には、ダニをブロックする加工も施されています。販売価格は5100円前後です。

アイリスプラザ「プレミアムウール100% 掛け布団」

 アイリスプラザの「プレミアムウール100% 掛け布団」は、純毛製品の国際的な品質表示マーク「ウールマーク」付きの掛け布団。フランス産のウールを使っており、優れた伸縮性と保温性を備えています。商品サイズは、約150(幅)×約210(長さ)センチ。

 吸放湿性に優れており、汗をかいても蒸れにくくなっています。側生地は、綿100%で表面の滑らかさが特徴的。その他、生地にはウールの片寄りを防ぎ、体へのフィット性をアップさせるフィットキルティング加工が施されています。販売価格は9000円前後です。

ナイスデイ「TEIJIN(帝人)快適清潔シリーズ 掛け布団 ホワイト」

 ナイスデイの「TEIJIN(帝人)快適清潔シリーズ 掛け布団 ホワイト」は、高機能綿の「マイティトップ2ECO」を100%中綿に使用した掛け布団。防ダニ効果、抗菌防臭効果、ノンダストなどの機能を備えており、洗濯機で丸洗いできるので清潔さを保てます。

 ふわっと全身を包み込むような、しっかりしたボリューム感も魅力の一つ。体のラインに沿ってフィットする、フィットキルト採用の製品で、布団の温かさを漏らさないような作りになっています。

 商品サイズは、約150(幅)×約210(長さ)センチ。収納ケースが付属して、販売価格は4500円前後です。

タンスのゲン「羽毛布団 シングル」

 タンスのゲンの「羽毛布団 シングル」は、ホワイトグースダウン93%使用の羽毛布団。400ダウンパワー以上の数値を実現し、さらに品質保証ラベル「CILゴールドラベル」を取得している高品質なモデルです。

 中綿に、臭いが少なく空気を含みやすい良質な羽毛を使用し、温かさをとどめる立体キルト加工を施しているので、保温性は抜群。フィット性にも優れており、首元や肩まわりなど隙間からの冷気の侵入を防止します。

 オゾンスペシャルエイド加工により、除菌、防臭、防ダニ、防カビの効果が期待できます。商品サイズは、約150(幅)×約210(長さ)センチ。収納ケースが付属して、販売価格は2万5000円前後です。

日本寝具通信販売「羽毛布団 シングル」

 日本寝具通信販売の「羽毛布団 シングル」は、ハンガリー産のホワイトマザーグースダウン93%使用した掛け布団。羽毛専門の公的検査研究機関が発行する「CILゴールドラベル」を取得しており、400ダウンパワーの確かな品質を備えたモデルです。

 ハウスダスト、ダニ、花粉などを除去する「アレルGプラス加工」や、殺菌、脱臭、防ダニ、防カビなどの効果が期待できる「クリーンオゾン加工」などが付いており、衛生面でも優秀な製品です。

 表面の光沢と滑らかな肌触りが特徴的な超長綿を生地に使用。高い吸放湿性により、布団の蒸れを防ぎます。二層立体キルト加工を施すことで、優れた保温性を実現しています。

 商品サイズは、約150(幅)×約210(長さ)センチです。収納ケース付きで、販売価格は3万円前後です。

    ニュース設定