BRZ山内英輝がシーズン4度目のポール獲得。スバル悲願の初タイトルへ王手【第8戦GT300予選レポート】

0

2021年11月27日 18:40  AUTOSPORT web

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AUTOSPORT web

写真2021スーパーGT第8戦富士 GT300クラスのポールポジションを獲得した井口卓人と山内英輝(SUBARU BRZ R&D SPORT)
2021スーパーGT第8戦富士 GT300クラスのポールポジションを獲得した井口卓人と山内英輝(SUBARU BRZ R&D SPORT)
 2021年シーズンのスーパーGT最終戦となる第8戦『FUJIMAKI GROUP FUJI GT 300km RACE』の公式予選が富士スピードウェイで行われ、GT300クラスは61号車SUBARU BRZ R&D SPORT(井口卓人/山内英輝)が今季4度目のポールポジションを獲得。スバルの悲願となるGT300初タイトル獲得へ向けて貴重な1ポイントを獲得した。2番手には52号車埼玉トヨペットGB GR Supra GT(吉田広樹/川合孝汰)が、3番手には60号車SYNTIUM LMcorsa GR Supra GT(吉本大樹/河野駿佑)が続いている。

 5月に開催された第2戦以来、およそ半年ぶりのスーパーGT開催となった富士スピードウェイ。2021年シーズンの最終戦となる第8戦は全車がノーウエイトで挑む戦いとなる。チャンピオン争いも佳境を迎え、予選から熾烈な接近戦が繰り広げられることが予想された。

 午前に行われた公式練習ではシリーズランキングトップの61号車SUBARU BRZ R&D SPORTの山内がトップタイムとなる1分35秒370を記録。悲願のタイトル獲得に向けて、週末の走り初めから好調ぶりを見せつけていた。

■Q1 A組:55号車ARTA、11号車GAINERがQ1敗退。平中・安田組はタイトル戦線から離脱

 気温10度、路面温度12度、湿度41%と、路気温は依然低いコンディションのもと、タイトル争いを繰り広げる61号車SUBARU BRZ R&D SPORT、55号車ARTA NSX GT3(高木真一/佐藤蓮)、そして逆転タイトルに向けて、ポール・トゥ・ウインしかない11号車GAINER TANAX GT-R(平中克幸/安田裕信)を含めた14台が出走するQ1 A組の10分間のセッションは14時30分に開始された。

 ランキング3番手につける55号車ARTA NSX GT3は、公式練習中に電気系のトラブルに見舞われ、ほとんどの時間をガレージ内で過ごすこととなったが、Q1 A組セッション開始までに復旧が叶い、高木真一がステアリングを握りコースインを果たしている。

 各車3〜4周のウォームアップを終えて、計時上の5〜6周目にアタック開始。計時上の5周目に1分35秒148を記録して暫定トップにつけていた52号車埼玉トヨペットGB GR Supra GTの吉田広樹が、翌周も1分34秒876と自己ベストを更新。2020年の第8戦で川合孝汰が記録した1分34秒665のコースレコードにはわずかに及ばなかったが、そのままトップでQ2進出を決めた。

 Q1 A組の2番手にはLEON PYRAMID AMG、3番手に61号車SUBARU BRZ R&D SPORT、4番手に21号車Hitotsuyama Audi R8 LMS、5番手に7号車Studie PLUS BMW、6番手4号車グッドスマイル 初音ミク AMG、7番手25号車HOPPY Porscheが続き、8番手34号車Yogibo NSX GT3までがQ2へ進出を決めた。

 ランキングトップの61号車SUBARU BRZ R&D SPORTがQ2進出を決めた一方、ランキング3番手の55号車ARTA NSX GT3が10番手、ランキング5番手の11号車GAINER TANAX GT-Rが12番手とQ2進出ならず。なお、タイトル獲得へ向けて、ポール・トゥ・ウインしか残されていなかった11号車GAINER TANAX GT-Rはこれで、タイトル争いから脱落することとなった。

■Q1 B組:ランキング2番手リアライズがQ2進出ならず。自力タイトルの可能性も潰える

 続いて行われたQ1 B組には、タイトル候補の56号車リアライズ日産自動車大学校 GT-R(藤波清斗/ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ)、244号車たかのこの湯 GR Supra GT(三宅淳詞/堤優威)を含む14台が出走した。

 セッション開始早々には、アウトラップ走行中の30号車TOYOTA GR SPORT PRIUS PHV apr GTの織戸学がTGR(1)コーナーでスピンを喫する場面も。幸いマシンにはダメージもなく、織戸はすぐさまコースへ復帰した。

 3周のウォームアップを経て真っ先にアタックを敢行した88号車JLOC ランボルギーニ GT3の元嶋佑弥が1分34秒794と、いきなりQ1 A組の最速タイムをも上回るタイムを記録して暫定トップにおどり出ると、そのままトップを守り切り、Q2進出を決めた。

 続いて60号車SYNTIUM LMcorsa GR Supra GT、2号車muta Racing Lotus MC、244号車たかのこの湯 GR Supra GT、30号車TOYOTA GR SPORT PRIUS PHV apr GT、35号車arto RC F GT3、9号車PACIFIC NAC CARGUY Ferrari、87号車グランシード ランボルギーニ GT3までがQ2進出を決めている。

 一方、ポール・トゥ・ウインで自力タイトル獲得という状況でQ1 B組に挑んだ56号車リアライズ日産自動車大学校 GT-Rの藤波だったが、ベストタイムは1分35秒809のB組9番手となり、Q2進出とはならず。同時に、自力タイトルの可能性が消滅してしまった。

■Q2:コースレコード更新で今季4度目のPP。BRZが初タイトルへ向けて王手をかける

 シリーズタイトルを争う5台のうち3台がQ1敗退という接戦のなか、Q1を突破した16台によるポールポジション争いが繰り広げられるGT300クラスの公式予選Q2は、強めの西陽が眩しい15時23分に開始された。残り2分のところで52号車埼玉トヨペットGB GR Supra GTの川合孝汰が自身が記録したコースレコードを更新する1分34秒547を記録してトップに浮上する。

 続いて61号車SUBARU BRZ R&D SPORTの山内英輝がアタックも記録は1分34秒709と、川合に0.162秒及ばず暫定2番手に。初のシリーズタイトル獲得へ向けて、ポールポジションで得られる1ポイントを是が非でも手にしておきたい山内は続く計時上の6周目も続けてアタックを敢行。今度は1分34秒395と川合を0.152秒上回る驚愕のタイムを記録し、同時にコースレコードも更新。SUBARU BRZ R&D SPORTにとって今季4度目のポールポジション、そして悲願のタイトル獲得へ向けて貴重な1ポイントを獲得した。

 2番手に52号車埼玉トヨペットGB GR Supra GT、3番手に60号車SYNTIUM LMcorsa GR Supra GT、4番手に88号車JLOC ランボルギーニ GT3、5番手に65号車LEON PYRAMID AMGが続いた。シリーズランキング4番手につけ、タイトル争いを繰り広げる244号車たかのこの湯 GR Supra GTは10番手で予選を終えている。

 4月に開幕を迎え、熾烈を極めた2021年シーズンのスーパーGTの戦いも、第8戦『FUJIMAKI GROUP FUJI GT 300km RACE』で決着を迎える。誰が、どの車両が決勝を制することになるのだろうか。そして、誰が、どの車両が2021年シーズンのシリーズチャンピオンに輝くこととなるのだろうか。

 そして、スーパーGTラストランとなる星野一樹(10号車GAINER TANAX with IMPUL GT-R)や、25号車HOPPY Porscheのラストランなど、見どころをあげれば尽きない第8戦『FUJIMAKI GROUP FUJI GT 300km RACE』の66周の戦いは、11月28日の13時から行われる。その走りを、戦いを、その目に焼きつけてほしい。
    ニュース設定