後藤真希、「カッコよく見せたい」意識が強かった10年前 活動休止を経た36歳の現在地

35

2021年11月27日 19:11  クランクイン!

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

クランクイン!

写真10年ぶりに有観客ライブの開催と写真集を発売する後藤真希  クランクイン! 写真:高野広美
10年ぶりに有観客ライブの開催と写真集を発売する後藤真希  クランクイン! 写真:高野広美
 モーニング娘。3期メンバーとして衝撃のデビューから22年。後藤真希が10年ぶりとなる有観客ライブ「後藤真希 Billboard Live 〜Reply〜」を28日に大阪、来月5日には横浜で開催。さらに29日に発売する10年ぶりの写真集「ramus」(講談社)も発売前に重版3刷が決定するほどの話題に。現在も圧倒的な存在感を放つ36歳になった後藤に、活動休止をした10年前と現在の心境の変化などを聞いた。

【写真】バスタイム、水着姿…後藤真希“ありのまま”の姿を収めた写真集 解禁ショット

■10年ぶりの有観客ライブ&写真集は「今の私を感じてほしい」

――10年ぶりに写真集をリリースされますが、本作にどんな思いを込めましたか?

後藤:タイトルの「ramus」はラテン語で「枝」を意味しています。これまでの経験や周囲からいただいた愛情で、一つ一つの枝を生やしてこられたと思って。ファンのみなさん、支え続けてくれた家族やスタッフさんへの感謝を込めて、撮影に臨みました。

――現在は36才となり、本作は30代初の写真集でもありますね。

後藤:今振り返ってみると、前作の時は「自分をカッコよく見せたい」という意識が強くて、自分自身で色を付けていた気がするんです。こんな雰囲気でいこうとか、こんな色でいこうとか…。今回の撮影では深く考えず、現場の雰囲気に合わせてナチュラルな自分でいられましたし、出来上がりも自分で透明感を感じる一冊になりました。

 それと、前作の時はまわりのスタッフの方が男性ばかりで、自分も強くいないと引っ張れないから、だいぶ男っぽかったんですよ(笑)。今は女性スタッフの人数が多くなったので、おだやかに丸くなったと思います。

――2011年12月に千葉・幕張メッセで行った活動休止ライブ以来、約10年ぶりの有観客ライブが目前に迫ってます。今回のタイトルにある「Reply」にはどんな意味を込めましたか?

後藤:分かりやすくシンプルに。支え続けてくれたみなさんへの感謝を「Reply(返信)」したいと思って付けました。

――ライブ自体は昨年12月以来で、前回は無観客配信でしたね。

後藤:昨年の配信ライブではファンの方の顔が見えないので、正直、戸惑いや違和感がありました。カメラの向こうで「たぶん昔からのファンの人が見てくれているんだろう」と想像はしていたのですが、やっぱり顔を見ながら歌いたいという思いが強かったので、本当に楽しみです。

――今回はお客さんのいる安心感もありそうですね。

後藤:(感染対策のため)ファンの方は声を出せないので残念です。ハロプロ時代からのコンサートを経験してきた方はみんな「オイ!オイ!」って声を出したいと思うんですよね(笑)。ビルボードという大人っぽい雰囲気の会場で、バンドスタイルでやるのは新しい挑戦で未知数な部分もありますが、新しい自分を受け止めてもらえるチャンスでもあるので。とにかく今の私を感じてもらえればと思います。

――どんな内容になるのか楽しみです。

後藤:セットリストでは「この曲ならこのツアーを思い出すよね」とこれまでの私のライブを凝縮して振り返ってもらえるように意識してます。オープニングからカッコよくてエモいんです!「え、この曲歌うの?」と感じてもらえるようなサプライズもありますよ。

■「私が歌いたかった!」ほかのハロプロメンバーの楽曲とは?

――ご自身のYouTubeチャンネルで、最近ソロデビュー曲「愛のバカやろう」やシャッフルユニット曲「赤い日記帳」をセルフカバーしていますね。歌っていた当時との変化は?

後藤:声の出し方は多少なりとも変わったのかな。改めて振り返ると、昔、自分がそんなに好きではなかった強く歌ってしまうクセを意識的に抜きました。あと、歌詞の意味をワンフレーズごと理解できるようになりましたね。「赤い日記帳」の当時、私は15歳だったので「(サビの歌詞)愛がいつまでも燃えるように」とか、普段使わない言葉でしたし。「(出だし)今日のあなたは少し優しく感じました」の歌詞も、どうして優しいのか分からなかったんです。(笑)

――歌い方のクセを治すのは大変そうですが…。

後藤:10年前の活動休止後、音楽から離れようと一時的に何も聴かない期間がありました。その後、自分が歌う立場ではなく「聴く専門」になると、フラットな気持ちで聴けて、いろんなジャンルの楽曲のいいなって部分をインプットできるようになったんです。そうしたら、客観的に自分の歌い方の改めたい部分が自然と見えてきましたね。

――ちなみにハロプロの曲も聴いたりしましたか?

後藤:聴きますよ。ハロプロ楽曲の中で、本当は「私が歌いたかった」と思う曲がたくさんありますし。例えば、高橋愛ちゃんや里田まいちゃんたちのシャッフルユニット・エレジーズ(高橋、里田、田中れいな、柴田あゆみ)の曲とか好きでしたね。あやや(松浦亜弥)の「横浜ロンド」や「dearest」もですし、GAM(松浦と藤本美貴のユニット)の「Thanks!」も、「この曲、歌ってみたいな」と思っていましたね(笑)。

――「ゴマキ」というニックネームには違和感があったとか。

後藤:そうですね。自分のことを「ゴマキ」って言わないし、一般的な呼び方って感じで。昔から見守ってくださっている方は「ごっちん」や「ごっつぁん」と呼んでくれていますね。なのに、私のYouTubeチャンネルのタイトルは「ゴマキのギルド」と「ゴマキとオウキ」なんですよね(爆笑)。割り切って使っています。

■物事に対して“0か100か” 完璧を求めすぎて自分を苦しめる性格

――YouTubeチャンネルの歌唱動画にも、アーティスト活動へ期待を寄せる声が寄せられています。今後への意欲は?

後藤:今は10年ぶりのライブに向けて集中していて、その先のことまでは具体的に考えていません。自分なりにライブの出来に納得できなければ、その先も続けられないと思うので。私、理想を高く持ちすぎて「ここまでできなければダメ」と、自分にプレッシャーを与えてしまうクセがあるんです。実は今もそうなんですけど、すでにステージの構成やアレンジができているのに、こうした方がよりもっとよくなるんじゃないかって悩んで、突き詰めてしまって苦しむみたいな。ステージに立つ姿を想像できるからこそ、その理想をやり遂げたいんです。ただそれが少しでもできなかったときは落ち込みもすごくて…。

――たしかに、後藤さんはストイックなイメージがあります。

後藤:でも、完璧主義はやっぱりよくないんですよ。物事に対して0か100で見てしまうと中間がないし、崩れるときも0か100になってしまうから怖い。いいところでもあり悪いところでもあるし。なので今回のライブは、ファンのみんなが楽しんでくれることと私自身も楽しむことを大事にしたいです。私がステージに立ったらファンのみんなは泣いてしまうかもしれない。それにつられて泣かないように、まずオープニングを乗り越えないと(笑)。

――今後も精力的に活躍されることを期待しています。そして最後に “30代でやっておきたいこと”を教えてください。

後藤:もうアラフォーなんです!(笑)。30代に限ったことではないですが、誕生日のたびに「若返ったね!」って思われるように、日々のケアを真面目に欠かさずやっていきたいです。自分づくりを真剣に。ツイッターでエゴサをしたら私を「美魔女」と呼ぶ人を見かけたので「よし、それなら美魔女になってやる!」と思って(笑)。それは冗談としてもこの仕事を続ける以上、自分の顔や身体は替えが効かない衣装だと思っているので、妥協なく磨き続けていきたいです。(取材・文/カネコシュウヘイ 写真/高野広美)


■後藤真希写真集「ramus」(講談社)は11月29日発売。

「5大特典付き特別版」はwith STORE限定・数量限定完全受注生産で発売。
後藤本人と「生電話」を楽しめるという超レアな機会が待っているほか、写真集撮影の裏側をたっぷりとのぞける「メイキングムービー」、インスタント写真風フォトカードセット、カレンダーフォトシートなどスペシャルな内容が満載の豪華版。特別版のカバーは、通常版とは異なる「特別版だけのスペシャルカバー」。いずれのカットも後藤本人がこだわってセレクトしている。

■『後藤真希 Billboard LIVE 〜Reply〜』 「dTV」にて独占生配信
2021年12月5日(日)Billboard Live YOKOHAMA公演の模様を生配信。
チケット好評販売中

このニュースに関するつぶやき

  • 腐っても鯛という言葉しか思い浮かばない
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • 姉弟で交互にアピールしてくるな、小林麻耶と小林麻央も似たような感じやったな
    • イイネ!12
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(17件)

ニュース設定