GT500は6台に、GT300は4台に絞り込まれたチャンピオン候補。第8戦予選終了後のそれぞれの獲得ポイント

1

2021年11月27日 21:10  AUTOSPORT web

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AUTOSPORT web

写真タイトルに大手をかけるSTANLEY NSX-GTの牧野任祐と、PP獲得で逆転タイトルに望みを繋いだENEOS X PRIME GR Supraの山下健太
タイトルに大手をかけるSTANLEY NSX-GTの牧野任祐と、PP獲得で逆転タイトルに望みを繋いだENEOS X PRIME GR Supraの山下健太
 2021年シーズンのスーパーGT最終戦となる第8戦『FUJIMAKI GROUP FUJI GT 300km RACE』の公式予選が富士スピードウェイで行われ、GT500クラスは14号車ENEOS X PRIME GR Supra(大嶋和也/山下健太)が、GT300クラスは61号車SUBARU BRZ R&D SPORT(井口卓人/山内英輝)と、両クラスともにタイトル争いを繰り広げる車両がポールポジションを獲得した。

 公式予選終了時点での各クラス上位のポイントランキング、そして決勝日のタイムスケジュール、TV放送/映像配信予定は下記の通りだ。熾烈極めるスーパーGTのタイトル争いを見逃すことのないようにチェックしておこう。

■第8戦予選終了時点での決勝獲得見込みポイント表(GT500>300クラス/編集部集計)

※レッドで自力タイトル獲得、オレンジはライバル勢の順位次第でタイトルの可能性有り、ブラックはタイトル獲得の可能性無し。

■GT500
・ポールを逃せばタイトル争いからも脱落という位置から14号車ENEOS X PRIME GR Supraがポールポジションを獲得し、1ポイントを手に入れた。
・ポールを逃した8号車ARTA NSX-GTは自力タイトルへ向けては優勝のみとなる。
・GT500クラスの自力チャンピオンの可能性を残すのは1号車STANLEY NSX-GTのみとなった。

■GT300
・決勝を前に、11号車GAINER TANAX GT-R(平中克幸/安田裕信)はタイトル争いから脱落。
・56号車リアライズ日産自動車大学校 GT-Rは自力タイトルのチャンスを失った。
・GT300クラスの自力チャンピオンの可能性を残すのは61号車SUBARU BRZ R&D SPORTのみとなった。

■サーキット&レースデータ
コース:富士スピードウェイ
コース長:4.563km
周回数:66周

■タイムスケジュール
○11月28日(日)決勝日
08:00〜 FIA-F4:Rd.14決勝(14Laps)
09:30〜10:15 ピットビューイング
10:25〜10:55 ドライバーアピアランス
10:55〜11:55 フライトパフォーマンス
11:40〜12:00 SUPER GT:ウォームアップ走行
13:00〜 SUPER GT:決勝レース(66Laps)

■TV放送/映像配信予定
●J SPORTS
○決勝
11月28日(日)12:30〜16:30

●J SPORTS オンデマンド
11月28日(日)09:05〜(LIVE配信)
○SUPER GT 2021 第8戦 富士スピードウェイ 決勝
11月28日(日)12:20〜(LIVE配信)

■併催レース
2021 FIA-F4選手権 第14戦
    ニュース設定