年収400万円の人は、将来年金をいくらもらえる?

1

2021年11月27日 21:21  All About

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

All About

写真年金初心者の方の疑問に専門家が回答します。今回は、年収400万円の人が将来もらえる年金についてです。
年金初心者の方の疑問に専門家が回答します。今回は、年収400万円の人が将来もらえる年金についてです。
老後のお金や生活費が足りるのか不安ですよね。老後生活の収入の柱になるのが「老齢年金」ですが、年金制度にまつわることは、難しい用語が多くて、ますます不安になってしまう人もいるのではないでしょうか。そんな年金初心者の方の疑問に専門家が回答します。今回は、年収400万円の人が将来もらえる年金についてです。

Q:年収400万円だと、将来もらえる年金はいくら?

「年収400万円の人が将来もらえる年金って月額いくらぐらいでしょう?」(会社員)

A:65歳から、年額165万6911円を受け取れます

厚生年金の加入期間がある人は、原則65歳になると老齢基礎年金に上乗せして老齢厚生年金を受け取ることができます。年収400万円の会社員の人は、厚生年金の加入者となります。

例として以下のような人を設定して考えてみます。

2021年(令和3年)現在40歳、1981年(昭和56年)生まれのAさんとし、22歳から60歳まで(38年間)、年収400万円(ボーナスなし、標準報酬額33万3000円)で、38年(456カ月)間、厚生年金に加入した場合で計算します。

国民年金は、20歳から加入し、満額78万900円(令和3年度)受け取れるとします。老齢厚生年金の受給額を計算するには、平成15年(2003年)3月までと平成15年4月以降では、計算式が違いますが、この場合、会社に入社した年は平成15年(2003年)となりますので、平成15年4月以降の計算式のみ用います。

Aさんの年金加入歴は以下の通りとします。
20歳(2001年)〜22歳(2003年):国民年金加入(2年間)
22歳(2003年)〜60歳(2041年):厚生年金加入(38年間)

【1】老齢厚生年金(報酬比例部分)の計算式

●平均標準報酬額×5.769/1000×平成15年4月以降の厚生年金加入期間

※乗率は、昭和21年4月2日以降生まれに適用。平均標準報酬額とは、各月の標準報酬月額と標準賞与額の総額のことです。

Aさんの年金額を計算してみます。

【1】老齢厚生年金の報酬比例部分:33万3000円×5.769/1000×456カ月≒87万6011円
【2】老齢基礎年金:78万900円/年

【1】老齢厚生年金87万6011円+【2】老齢基礎年金78万900円=165万6911円/年

38年間、ずっと年収400万円の厚生年金加入者の人は、65歳からおよそ年額165万6911円(月額13万8075円)受け取ることができます。

また、令和3年現在、厚生年金の加入期間が20年以上あり、要件を満たす配偶者がいる場合、配偶者加給年金額が上乗せしてもらえることになります。

監修・文/深川弘恵(ファイナンシャルプランナー)
(文:All About 編集部)

このニュースに関するつぶやき

  • 介護保険料が「年金から天引き」されるので……金額は市町村で違うけど……
    • イイネ!1
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

前日のランキングへ

ニュース設定