2週間天気 30日(火)〜1日(水)広く荒天 師走を迎え 本格的な冬の寒さに

2

2021年11月28日 06:31  日本気象協会

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

日本気象協会

写真2週間天気 30日(火)〜1日(水)広く荒天 師走を迎え 本格的な冬の寒さに
2週間天気 30日(火)〜1日(水)広く荒天 師走を迎え 本格的な冬の寒さに

あさって30日(火)から12月1日(水)は前線が通過するため、雨や風が強まる。日ごとの気温の変化が激しく、本格的な冬の寒さの日も。



●前半:29日(月)〜12月5日(日)


あす29日(月)は北海道で午後に雨や雪、沖縄もにわか雨がありそうです。一方、九州から東北は広く晴れて、朝晩はグッと冷えるでしょう。
30日(火)は西から天気が下り坂となりそうです。30日(火)の朝には、前線を伴った低気圧が朝鮮半島付近に進む予想で、12月1日(水)にかけて本州付近を通過するでしょう。
30日(火)は西日本を中心に、12月1日(水)は東日本と北日本を中心に雨や風が強まりそうです。低気圧や前線に向かって暖かい空気が流れ込むため、東北や北海道でも雪ではなく雨になるでしょう。雪が多く積もっている所では、屋根から落ちる雪や、なだれにご注意ください。
前線が通過したあとは、再び冷たい空気に入れ替わり、晴れても日中の気温はあまり上がらず、冬らしい寒さになる所が多いでしょう。


●後半:12月6日(月)〜11日(土)


12月6日(月)以降は、北海道や東北、北陸で雨の降る日が多いでしょう。最低気温、最高気温ともに平年並みか高く、雪が降るのは標高の高い山になりそうです。
一方、関東から西では晴れる日が多いでしょう。最低気温、最高気温ともに平年並みか高い日がほどんどです。9日(木)以降は、日中の気温は15℃に届かない所が多く、昼間も厚手の上着や冬のコートが必要になるでしょう。
気温は上がったり下がったりで、日ごとの気温差が大きいですが、本格的な冬が近づいています。


●路面の凍結 特に注意すべき所は


雪や雨が降って濡れた路面は、気温が下がると、凍結してしまいます。中でも、路面の凍結に注意が必要なのは、次の4か所です。
橋や歩道橋の上は、地面の熱が伝わりにくく、風通しが良いので、凍結しやすくなります。特に、ふぶいている時は、他の所よりも風が強く、視界が悪いうえに、凍結しやすいので、かなり危険です。
トンネルの中と外では、路面状態が大きく違うことがあります。トンネルの出入り口では路面の凍結により、急にハンドルを取られないよう、十分、スピードを落として運転しましょう。
交差点やカーブも、近づく前に、十分にスピードを落とすことが大切です。ハンドルを切ったまま、ブレーキを踏むと、とても滑りやすくなります。また、加速する時も、交差点やカーブを曲がり切ってから、アクセルを踏みましょう。
日陰は、いったん路面が凍結すると、完全にとけるまでに時間がかかります。建物の北側など、日陰になりやすい道を通る際は、十分にお気をつけください。


このニュースに関するつぶやき

  • 車はスノータイヤ交換、遠出には万が一のためのチェーンと脱出用スコップとタイヤ敷板の搭載、家はコタツに断熱カーテンと万が一のための電気を使わない灯油ストーブの用意。
    • イイネ!3
    • コメント 2件

つぶやき一覧へ(1件)

ニュース設定