「最愛」“しおり”田中みな実に衝撃の展開 “後藤”及川光博の“キャリーバッグの中身”に注目が集まる

0

2021年11月28日 08:10  エンタメOVO

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

エンタメOVO

写真橘しおり役の田中みな実  (C)TBS
橘しおり役の田中みな実  (C)TBS

 吉高由里子が主演するドラマ「最愛」(TBS系)の第7話が、26日に放送された。

【写真】7話のワンシーン (C)TBS

 本作は、殺人事件の重要参考人となった実業家の真田梨央(吉高)と、梨央の初恋の相手で、事件の真相を追う刑事の宮崎大輝(松下洸平)、弁護士の加瀬賢一郎(井浦新)を中心に展開するラブサスペンス。(※以下、ネタバレあり)

 梨央の前に現れたフリーライターの橘しおり(田中みな実)は、執拗(しつよう)に真田グループの不正を追及する。真田ウェルネスが経営する老人ホームにも出入りし、専務の後藤(及川光博)が行っていた不正の証拠を握る。

 刑事の大輝と桑田(佐久間由衣)は、15年前の暴行事件の被害者であるしおりと接触し、15年前の恨みが渡辺昭(酒向芳)殺害事件につながった可能性があることをつかむ。

 一方、梨央の弟・優(高橋文哉)が間を取り持ったことで、梨央と大輝は再会する。梨央は大輝が持っていた学生時代のしおりの写真を見て、当時のしおりとの接点を思い出す。

 その後、しおりと対面した梨央が当時を思い出したことを告げると、しおりは「あの日から人生が一変しました。罪を犯した人間は報いを受けるべきなんです」と殺害をほのめかすような言葉を放つ。

 しかし、ラストシーンでは、しおりが雑居ビルから転落。遺体で発見されるという衝撃の展開が描かれた。

 放送終了後、SNS上には、「最後が衝撃的でびっくり。しおりの人生は何だったんだろう…」「暴行被害で人生が狂い、最後は殺されるなんて切な過ぎるよ」など、しおりへの同情の声が寄せられた。

 また、梨央と大輝の再会シーンについて、「優くんが見事なキューピッド! 牛丼シーンがほっこりして最高だった」「大輝と梨央はキスするのかなと思ったら…笑っちゃう。そんな2人にキュン」といった反響が上がった。

 このほか、後藤が引いていた“キャリーバッグの中身”に注目が集まり、「あの巨大なキャリーバッグの中身は、殺害したしおり?」「実は加瀬が犯人で、後藤に逃亡資金を渡して、大金と不正の証拠資料が入っているのかも」などの考察が投稿された。


“加瀬”井浦新(左)と“後藤”及川光博 (C)TBS


もっと大きな画像が見たい・画像が表示されない場合はこちら

    ニュース設定