CM中の“お直し”に最適 メイク室で見つけた“お宝”韓国コスメ

1

2021年11月28日 11:30  AERA dot.

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AERA dot.

写真山田美保子・放送作家、コラムニスト
山田美保子・放送作家、コラムニスト
 放送作家でコラムニストの山田美保子氏が楽屋の流行(はや)りモノを紹介する。今回は「アモーレパシフィックジャパン」の「ノーセバム ミネラルパウダー N」を取り上げる。


【写真】長時間メイクを崩れにくくするパウダー
*  *  *


 テレビ局でのメイクは、自身の楽屋に専属のメイクさんを入れるタレントと、メイク室で“局メイクさん”にメイクしてもらうアナウンサーや文化人とに分かれる。


 私はもちろん後者だが、顔だけは自分でやっている。別に、すごいテクニックをもっているワケではないのだが、私なんかに、ヘアとメイク、二人の局メイクさんに付いてもらうなんて申し訳ないので、そうしているのだ。


 が、プロのメイクさんによるコンシーラーやファンデーションを塗るワザや、お粉(白粉)を叩くワザは惚れ惚れするほど。自前のそれと格段に異なることを知り尽くしている高橋真麻さんは、「ベースまで、お願いします」とリクエストしている。


 ただ、こうした光景が見られるのは在京局のみ。地方局の場合は、女優さんでもない限り、専属のメイクさんを連れてくる人はいない。


 その代わり、地方局のメイク室には“お宝”を多数、見つけることができる。



 韓国コスメの「ノーセバム ミネラルパウダー N」も、そんな一つだ。私が週1か週2で通う、メ〜テレのメイクさんによれば「きめ細かくて、さらさらの仕上がりになるのでオススメです」とのこと。皮脂吸着パウダーと、ミネラル皮脂コントロールパウダーが過剰な皮脂を吸着するので、ファンデーション後はもちろん、スタジオでCM中にメイクさんがしてくれる“お直し”にも最適なのだという。


「このパウダーでおさえると、確実にメイクが崩れにくくなる」と前述のメイクさん。


 実は、日中の肌くすみの原因の一つとして挙げられるのも、余分な皮脂。それを同品で吸着することでワントーン明るい肌に補正できるというのだ。


 さらには、チークやハイライトの発色まで良くしてくれるというから最強のパウダーと言えよう。



 韓国では、いわゆる“コスメ大賞”にも輝いている名品で、出演時や、お出かけ時でなければ、スキンケア後に、直接このパウダーをはたくだけで“時短メイク”になる。


 パッケージもシンプルで、化粧ポーチに入れるもよし、バッグに直接入れてもよし。本体の下容器が半透明で残量が確認できるのも助かる。


 製造販売元をみたら、コスメ通にはおなじみの「アモーレパシフィックジャパン」だった。私は買いました。


山田美保子(やまだ・みほこ)/1957年生まれ。放送作家。コラムニスト。「踊る!さんま御殿!!」などテレビ番組の構成や雑誌の連載多数。TBS系「サンデー・ジャポン」などのコメンテーターやマーケティングアドバイザーも務める

※週刊朝日  2021年12月3日号


    ランキングライフスタイル

    前日のランキングへ

    ニュース設定