なにわ男子・大西流星が“全力スマイル” 愛猫トキとの“感動の再会”期待も「ツンツンしてるんじゃないかな(笑)」

0

2021年11月28日 14:00  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真28日放送のバラエティー『アンタッチャブルのおバカワいい映像バトル どうぶつ軍VSにんげん軍』に出演する大西流星(C)フジテレビ
28日放送のバラエティー『アンタッチャブルのおバカワいい映像バトル どうぶつ軍VSにんげん軍』に出演する大西流星(C)フジテレビ
 人気グループ・なにわ男子の大西流星が、28日放送のフジテレビ系バラエティー『アンタッチャブルのおバカワいい映像バトル どうぶつ軍VSにんげん軍』(後8:00)に出演する。

【集合ショット】アンタッチャブル、みちょぱ、IKKO、小峠、山崎夕貴アナも出演

 “どうぶつ軍”代表の柴田英嗣、“にんげん軍”代表の山崎弘也が、動物と人間それぞれの“おバカワいい”映像を見せながらプレゼンバトルを実施。スタジオには番組初登場の大西をはじめ、池田美優(みちょぱ)、IKKO、小峠英二(バイきんぐ)が出演する。

 今回も、動物と人間の“おバカワいい映像”の数々を紹介。「おっちょこちょいバトル」や「こんなことできるよバトル」など、部門ごとに分けて、動物と人間それぞれの映像を見せ合う。そして、スタジオにもかわいい赤ちゃんアニマルが登場。ロシアに生息していたサモエドという犬の赤ちゃんが登場すると、そのかわいさにスタジオ一同もん絶し、大西は白くてふわふわしたサモエドの赤ちゃんを抱っこすると「モフモフや〜!」と興奮しきり。口角が上がっている見た目が特徴のサモエドとスタジオゲストの「スマイル対決」を行う場面では、サモエドを抱っこしながら、大西が全力スマイルを披露する。

 さらに、スタジオでは「動物並び替えクイズ」も。“ゴリラ、パンダ、カバで足が速い順番は?”など、動物の知られざる生態が明らかになる。ペットを飼っている松丸亮吾、尾形貴弘(パンサー)、紗栄子が動物の心の声が聴けるという動物対話士に自身のペットの悩みを相談する新企画も行い、動物が何を訴えているのか心の声を聴き取る動物対話士が、松丸らの抱えている悩みを解消していく。

 収録を終えた大西がコメントを寄せた。

――収録を終えて
今は東京でのお仕事が多くて、飼っている猫のトキにも会えない状況ですが、今回いろんなVTRを見て、一気に会いたい気持ちが高まりましたし、めちゃくちゃ癒やされました! あとは、動物によってこんなに性格が違うんだとか、動物対話士という方がいるというのも驚きました。サモエドの赤ちゃんを抱っこしたときも癒やされました。赤ちゃんだけどずっしりとしていて、モフモフで枕にしたいくらいでした(笑)。

――デビューと同時に多忙な日々を送る中で、息抜きとなるのは?
やはり飼ってる猫ちゃんの写真は見ますし、寝る前や移動中の車でいろんな猫ちゃんの画像や動画も見ますね。この番組もしっかり録画して、何度も見ようと思います(笑)。本当に最近トキに会えていないので、今回VTRの中にあった“飼い主とペットの感動の再会”のようなことを期待してるんですが、たぶんトキは久々に会ってもツンツンしてるんじゃないかなと思います(笑)。

――番組タイトルにちなんで、なにわ男子のメンバーで一番“おバカワいい”のは誰ですか?
天然キャラやわんぱくキャラは、高橋(恭平)とか大橋(和也)君なんですけど、メンバー最年長の丈君(藤原丈一郎)が、しっかり者のイメージから変わりつつありますね。ホテルのアメニティーのことを“アニメンタリー”とか言い出して(笑)。ここに来て天然キャラに移行しようとしているんじゃないかと思うくらいなので、ファンの方にも今後そういった面が見えてくるかもしれないです!

――視聴者の方々へメッセージ
人間のかわいらしさと動物のかわいらしさが両方楽しめる番組というのが新感覚でした。笑えるものがあれば、感動するVTRもあったり、動物の良さ、人間の良さがぎゅっと詰まった番組なので、ぜひ見ていただきたいです。
    ニュース設定