これがGTレースの恐ろしさ。ランキング5位のau TOM’Sが大逆転でチャンピオンに輝く【第8戦GT500決勝レポート】

2

2021年11月28日 18:01  AUTOSPORT web

  • 限定公開( 2 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AUTOSPORT web

写真2021スーパーGT GT500クラスチャンピオンに輝いたau TOM’S GR Supra(関口雄飛/坪井翔)
2021スーパーGT GT500クラスチャンピオンに輝いたau TOM’S GR Supra(関口雄飛/坪井翔)
 2021年タイトル決定の天王山、富士スピードウェイでのスーパーGT最終戦GT500クラス決勝は、シリーズ連覇に向け盤石のレース運びを展開していた1号車STANLEY NSX-GTがまさかのアクシデントで戦列を去り、代わって序盤のオーバーテイク劇からレースを完全に支配下に置いた36号車au TOM’S GR Supraが今季初優勝を挙げると同時に、なんとランキング5位からの大逆転でシリーズチャンピオンを獲得。関口雄飛、坪井翔にとっても未勝利シーズンの最後にうれしい初王座の栄冠を手にすることとなった。

 富士山麓に本格的な冬到来を感じさせる11月最後の週末。恒例となるノーウエイト勝負のシーズンフィナーレに向け、前日27日(土)の予選から“GT史上最速”の勝負が繰り広げられた。Q1に続きコースレコード更新合戦となったQ2ラストアタックでは、14号車ENEOS X PRIME GR Supraの山下健太が自身の記録を更新するタイムで今季初のポールポジションを獲得。フロントロウ2番手にはディフェンディングチャンピオンの1号車STANLEY NSX-GTが並び、ひさびさに燃料リストリクターのランクダウン縛りが解けたことも含め、GRスープラの牙城を崩す速さを披露した。

 5月初旬に開催された第2戦とは気温も路面温度の条件も大きく異なり、各車ともタイヤグリップの発動を得るまでのウォームアップ方法や、その最大値を引き出すのに独自の難しさがある。その影響か、タイトル候補の17号車Astemo NSX-GTと12号車カルソニック IMPUL GT-Rなどはそれぞれ10番手、14番手とグリッド後方からの巻き返しを狙う展開に。そしてこの2021年最終戦が“ラストラン”となるR35型GT-Rの23号車MOTUL AUTECH GT-Rも、予選Q1敗退で9番手からのファイナルレースとなった。

 この富士スピードウェイでは、昨季のデビューから最高速を武器とするGRスープラ勢が優位に立ってきたが、空気密度の高まる冬場はレスドラッグの空力コンセプトも後押しとなり、レース序盤から“抜きやすい”車両特性が武器になり得る。前日とは風向きが変わった11時40分のウォームアップ走行でも、1コーナー手前のスピードトラップで290km/h台後半〜300km/hを伺おうかという勢いを見せた。

 対するホンダ、ニッサンも冬の最終決戦らしくエンジンに大量の空気を押し込んでのピークパワー勝負に持ち込みつつ、路面温度が下がる傾向のセカンドスティントに向け、トラック上のポジションとともにいかにタイヤのマッチングを合わせ込めるか。最高速では両車ともに290km/h台前半がアベレージと見えるものの、こちらも例年どおり『何が起こるかわからない』66周300kmレースが予想された。

 13時のフォーメーションラップを前に気温は13度、路面温度は22度のコンディションで全15台がグリッドを離れると、4番手スタートの36号車au TOM’S GR Supra関口が仕掛け、チームメイトでもある37号車をパスして3番手へ。さらにダンロップコーナー立ち上がりで2番手のSTANLEY牧野任祐に並びかけると、サイド・バイ・サイドのまま13コーナーアウト側から前に出る。

 続くラップではKeePer TOM’S GR Supraのサッシャ・フェネストラズが1コーナーまでにSTANLEYを刺し、僚友に奪われたポジションを取り戻そうかという勢いを見せる。

 すると3周目の最終コーナー。後方から追い上げを見せていたAstemo NSX-GTのベルトラン・バゲットが、混戦状態からカルソニック IMPUL GT-R松下信治のインに飛び込むと、ヒットされたGT-Rはさらにアウト側にいた19号車WedsSport ADVAN GR Supraを巻き込むようにしてスピン。3台は後続車両のラインも塞ぐ形でストップしてしまう。

 ともに再スタートを切った12号車と17号車だが、Astemo NSX-GTは足回りにダメージを受けたか1周をスロー走行しピットへ。12号車は右ヘッドライトを失った状態で走り続ける事態となる。

 7周目にはGT300クラスのアクシデントで車両回収が必要との判断からセーフティカー(SC)が導入されると、13周目突入でリスタート。この機会を虎視眈々と窺っていた2番手auは、1コーナーへの加速勝負で前方のENEOS X PRIMEに車速を合わせると、ブレーキングゾーンで完全にインを抑えて鮮やかにオーバーテイクし、関口が首位に躍り出る。さらに37号車KeePerも続き、100Rでアウトを取るとヘアピン進入でインを奪い、これでTOM’Sの2台が1-2体制を構築する。

 また14周目には、スタート時にRed Bull MOTUL MUGEN NSX-GTをヒットしてスピンさせたとしてカルソニック IMPUL GT-Rにドライブスルーのペナルティが科され、これで実質最後尾と、逆転王座に向けてはさらに厳しい状況に追い込まれる。

 レース距離3分の1を過ぎ、23周目にまずは1号車STANLEY、8号車ARTAのNSX-GT勢と、3号車CRAFTSPORTS MOTUL GT-Rが最初にドライバー交代へ。ここで作業静止時間31.8秒とした1号車に対し、8号車は43.3秒と給油・タイヤ交換に手間取り、ここで3号車CRAFTSPORTSの先行を許してしまう。

 続くラップでは14号車ENEOS X PRIMEも反応を見せピットに向かい、34.8秒で大嶋和也から山下健太にスイッチ。さらに25周目には首位の36号車auも続き、39.6秒の作業時間で坪井翔へと繋いでいく。

 するとここからミシュランタイヤのウォームアップ性能を活かした3号車CRAFTSPORTSの平手晃平がスパートを見せ、アウトラップで1号車STANLEYの前に出ると、チャンピオン山本尚貴は14号車ENEOS X PRIMEの山下にも勝負を挑まれ、2周にわたってポジションを入れ替えてのバトルを繰り広げる。

 27周目には暫定首位に立った37号車KeePerも平川亮にスイッチすると、30周目にはENEOS X PRIME山下が前に出て実質2番手を取り返す。この時点でタイヤのピーク時間帯が過ぎたか、3号車CRAFTSPORTSはSTANLEY山本、ZENT CERUMO GR Supra石浦宏明にも立て続けにかわされ、6番手にまで後退してしまう。

 33周目突入を前に最後の最後までピットを引っ張った24号車リアライズコーポレーション ADVAN GT-Rがピットへ入ると、36号車auを先頭に14号車ENEOS X PRIME、37号車KeePerとGRスープラがトップ3を占める。

 この時点で5番手のZENTにも挟まれ、ホンダ勢単独で4番手を行くSTANLEY山本は、淡々としたペースで“タイトル防衛”に向け周回を重ねていく。その後方では、40周を境に6番手争いでフタをしていた3号車CRAFTSPORTSを、MOTUL AUTECH、DENSO KOBELCO SARD、ARTAらが立て続けに仕留めていく。

 その集団内で力強いレースペースを見せたのがARTA野尻智紀で、45周目のダンロップコーナーではDENSO KOBELCO SARDをかわして7番手へ、47周目には最終コーナーでMOTUL AUTECHのインに入り、スタートポジションの6番手まで順位を回復してくる。

 そんななか、ホームストレート上にデブリが落下しているとして、この日初めてのフルコースイエロー(FCY)が宣言されると、解除後の51周目に大きなドラマが待ち受ける。

 GT300でタイトル争いを展開する車両同士のバトルにより、55号車ARTA NSX GT3が1コーナーで止まり切れず、なんと1号車STANLEY NSX-GTに接触。これで右フロントを破損した山本はなんとかピットまでマシンを運び修復作業に入ったものの、順調に推移していたように見えた連覇にいきなりの暗雲が立ち込める。

 その同じラップでKeePer平川がENEOS X PRIME山下を捉えて2番手に浮上。4番手にZENT、5番手にARTA野尻と変わり、首位の36号車auに対し8号車ARTAが逆転王座に向け3番手まで挽回できるかが終盤の焦点に。

 しかし62周目の1コーナーでは1度パスしていたDENSO KOBELCO SARDに差し替えされ、ARTAは6番手へとダウン。これで2021年の雌雄は決し、今季ここまで勝利のなかった36号車au TOM’S GR Supraが最終戦にして初優勝を飾ると同時に、ランキング5位からの大逆転でシリーズチャンピオンを獲得。2位には僚友のKeePer TOM’S GR Supraが続き、3位にENEOS X PRIME GR Supraの表彰台。最後の最後でZENTも捉えたDENSOが4番手に上がり、GRスープラがそのデビュー戦同様に富士でのトップ5独占を成し遂げた。

    ランキングスポーツ

    前日のランキングへ

    ニュース設定