かずさマジックが初戦突破!渡辺俊介監督「選手達が良くやってくれた」

3

2021年11月28日 22:12  ベースボールキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ベースボールキング

写真西濃運輸戦で指揮を執る日本製鉄かずさマジックの渡辺俊介監督(中央)=東京ドーム(C)Kyodo News
西濃運輸戦で指揮を執る日本製鉄かずさマジックの渡辺俊介監督(中央)=東京ドーム(C)Kyodo News
<第92回都市対抗野球 1回戦>
● 西濃運輸(大垣市) 3 − 5 日本製鉄かずさマジック(君津市) ○

 元ロッテの渡辺俊介監督が指揮を執る日本製鉄かずさマジックが、西濃運輸に5−3で勝利した。

 かずさマジックは3回、試合前に10年連続都市対抗野球出場(補強選手5回)の表彰を受けたキャプテンの田中健が、レフトへソロを放ち先制する。4回に同点に追いつかれたが、7回表にかずさマジックは一死三塁から田中健の今日3本目となる安打を放ち勝ち越すと、続く満塁のチャンスで1番・奈良原が走者一掃の適時三塁打でこの回、一挙4点を奪う。

 7回、9回に1点を失ったが、5−3で日本製鉄かずさマジックが勝利し、渡辺俊介監督が東京ドーム初勝利を飾った。渡辺監督は、「率直に嬉しい。選手達がよくやってくれた。先に点を取られない、先に点を取る。これを、徹底してやっていた。田中健のホームランでチームが勇気付いた。本当に選手達が逞しくなってくれた。橘がマウンドに上がってからはやる事がなかった。本当に僕は何もしていない。選手達が良くやってくれたので、褒めてやってください」と選手を労った。

 続けて渡辺監督は 「(ベーブルース杯で今年敗れていた西濃運輸が相手だったので)選手たちのモチベーションも試合前から上がっていたし、コーチはじめ試合中も声が出ていた。いつも通り出来たと思う。と振り返った。

 また、キャプテンの田中健は3安打1ホーマーの活躍。試合後、「監督はすごく優しくて熱い方。東京ドーム初勝利をプレゼント出来てよかった」と喜んだ。

(取材=ニッポン放送アナウンサー・大泉健斗)

このニュースに関するつぶやき

  • 優勝目指せ、マジック。タナケンガンバ
    • イイネ!3
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(2件)

ニュース設定