赤ちゃんに「ママ」と言わせたかった家族、先に言えたのは犬だった!(米)<動画あり>

1

2021年11月29日 06:11  Techinsight Japan

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

Techinsight Japan

写真フォークに載った食べ物を見つめる男児と犬(画像は『Pulptastic 2021年7月28日付Instagram「Dog Shocks Owner By Saying “Mama” Before Baby In Exchange For Treat」(YouTube)』のスクリーンショット)
フォークに載った食べ物を見つめる男児と犬(画像は『Pulptastic 2021年7月28日付Instagram「Dog Shocks Owner By Saying “Mama” Before Baby In Exchange For Treat」(YouTube)』のスクリーンショット)
素晴らしい映画やドラマ、名曲などは何年たっても色あせないものだ。『Good News Movement』が今月25日、6年前に投稿された赤ちゃんと犬の面白動画を紹介したところ、3日間で再生回数が870万回を超えた。思わず笑みがこぼれてしまう温かいニュースがアメリカから届いた。

【この記事の動画を見る】

米ユタ州に住むジョバニーニさん(Giovanini)夫妻は今から6年前、当時生後9か月だったサム君(Sam)になんとか「ママ」と言わせようとして食べ物を目の前に置き、「ママ」と何度も言ってみせた。

カメラはサム君とその隣にいるミニチュア・オーストラリアン・シェパードの“パッチ(Patch)”を映しており、サム君は大きな目をクリクリさせて「ママ」と言う両親を見つめている。そして何度か「ママ」と聞くと、一度は口を大きく開けているものの声にはなっていない。

一方でパッチは行儀よくお座りをしているが、その目はサム君を食べ物で釣っている母アンドリアさん(Andrea)に釘付けだ。「その美味しそうな食べ物、僕にちょうだいよ」と言わんばかりに耳を動かし、口をもごもごさせて唸り声をあげている。

パッチはその後、「ワン」と吠えて姿勢を正すが、アンドリアさんがフォークに食べ物を載せるのを見るとソワソワして落ち着きがなくなり、口をもごもごさせて何かを必死に言おうとしている。そしてしばらくするとパッチは「ママ、ママ」「ママ、ママ」と発話し、サム君より先に「ママ」と言ってみせたのであった。

アンドリアさんはそんなパッチを見て笑い出しており、サム君は注目を集めたパッチが気に入らなかったのか、パッチを叩き始めた。こうしてその場は笑いに包まれ、アンドリアさんの高笑いで動画は終わっている。


この動画が投稿されてから6年以上が過ぎ、サム君は7歳になって妹と弟ができた。Instagramに投稿された1年前の写真を見ると、一番下の弟が6年前のサム君にそっくりで、サム君もすっかりお兄ちゃんの顔になっている。アンドリアさんは「3人を育て、教え、愛することができる私はとても幸せよ」と綴っており、子育てを心から楽しんでいる様子だ。


なおこの動画は何年にもわたり多くの人に愛され、「可愛い!」「本当に『ママ』と言ってる!」「犬の必死さが伝わってくる」「なんて賢い犬!」「うちの犬も同じ反応をするの」「この結末は意外だった」「犬はトリーツをもらえたのかしら?」「食べ物で釣るなんて! でも面白い」「子供が犬と一緒に育つっていいよね」「この子はこうやって動画がみんなに愛されているのを知っているのかな」といったコメントがあがっている。

ちなみに犬と子供の面白動画といえば昨年、ハスキー犬と一緒に吠える楽しそうな2歳の男の子の動画が拡散し話題となった



画像は『Pulptastic 2021年7月28日付「Dog Shocks Owner By Saying “Mama” Before Baby In Exchange For Treat」(YouTube)』『Sam Giovanini 2020年11月22日付Instagram「I am so grateful for these 3 rays of sunshine in my life.」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 A.C.)
    ニュース設定