「夫からは家政婦扱い…」不満を口にできない主婦がトキめいた相手は? 不倫の経緯に賛否両論

28

2021年11月29日 07:30  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真『夫がいても誰かを好きになっていいですか?』(KADOKAWA刊)
『夫がいても誰かを好きになっていいですか?』(KADOKAWA刊)
 有名人の不倫エピソードがたびたびニュースで取り上げられ、不倫や浮気をテーマにしたドラマや漫画などのエンタメコンテンツがますます人気を集めている。不倫に至る事情はさまざまに描かれるが、その原因のひとつに挙げられるのが、夫婦間のコミュニケーション不足だろう。夫とは別の男性にトキメキを抱いてしまった主婦、ワンオペ育児で日々に不満をため込んだ主婦が見つけた夫の不倫。気持ちがすれ違ってしまった2組の夫婦を紹介する。

【漫画】バイト大学生と“一線を越えた”人妻、「また2人で会ってくれますか?」積極的アプローチの末に…

■「気持ちだけなら…」年下男性に恋する主婦に賛否両論、“裏切り行為”の理由とは

 夫がいるにもかかわらず、アルバイト先の年下男性に恋をしてしまった専業主婦の恋心をリアルに描いた『夫がいても誰かを好きになっていいですか?』(KADOKAWA刊)。夫の転勤で大阪に引っ越してきた主人公は、友人も知人もいない土地で、夫は自分を家政婦のようにあつかい、孤独を感じていた。

 そんなとき、バイト先で出会った男性と恋に落ちてしまう。夫婦の心がすれ違っていると、魅かれた相手が現れたときに、主人公のように気持ちにブレーキを踏むことができなくなってしまう。そんなリアルな心情に、読者からは「これは不倫なのか」論争をめぐって、「気持ちだけなら構わない」「論外!」など、賛否両論の声が寄せられた。作品に込めた想いについて、作者のただっちさんは、次のように語る。

「ネットなどで不倫に悩んでいる人の投稿を見ると、まず、夫にこういうことをされたという前置きがあるんです。自分のしている不倫を正当化したい人や、自分が不倫に至ってしまった経緯に共感してほしい人がすごく多いと感じました。
ですから本作では、夫への不満やモヤモヤした時点で、まず話し合わないと、主人公夫婦のようにどんどんお互いが知らないところで事が進んでいくようになったりするよ、ということを伝えたいと思いました。主人公が、夫にキスをされて気持ち悪いと感じるシーンがあるのですが、そこまでいってしまったら夫婦関係を戻すのは大変ですからね」

 結婚生活でお互いの心が離れてしまわないようにするには、「相手に不満を持ったときに、ちゃんと伝えているかどうかが大事」とも話す。SNSへの投稿で愚痴っても、共感は得られるが夫への憎悪はむしろ増える原因になってしまうかもしれない。『夫がいても誰かを好きになっていいですか?』という問いの答えについて、思わず考えさせられる作品となっている。

■不満が“伝わらない”、モラハラ夫の不倫に「見る目がなかった」妻の苦悩

 イヤイヤ期真っ只中の子どもをワンオペで育てながら、パートや家事に追われクタクタな毎日。そんな中、家事育児にかなり非協力的な夫が、若い女性と不倫していることを発見する。Instagramに投稿されている人気作品『バイバイ!クソ旦那』の原作者・マリコさんのエピドートは、インパクトのあるタイトル通り、“クソ旦那”の仕打ちに立ち向かう妻のリアルな心情が描かれている。

「夫は家事育児を、驚くほどしてくれませんでした。専業主婦をさせてもらっていたので、家のことは自分がやって当たり前だという思いでいました。とはいえ、子どもも小さくて手がかかる頃でしたし、夫の態度がすごくストレスで…まるで大きな子どもがいるみたい」

 日々の不満を何とか解決すべく、話し合いを試みるも、まったく聞いてくれなかったという。

「せめて自分のことは自分でやってとお願いしてもやってくれなくて、次第に伝えるのも苦労を感じてしまって、もう諦めの気持ちでした。話し合おうとしても聞く耳を持たないというか、俺は仕事が忙しいからそんなことまでできない、と言われて逃げてしまうんです。私のことに関心がなかったのか、疲れてると言っても“当たり前でしょ”と言われて終わってしまうんです」

 マリコさんは夫について、「女は家で家事をする、男は外で働くという考えの持ち主だったと思う」とも語る。そんなすれ違いもあってか、その後、夫の不倫を発覚し、さらに自宅で不倫相手と鉢合わせして修羅場を迎えてしまう。マリコさんは、不倫と思われる怪しいLINEメッセージを見ても、問いただす気力がなかったという。

 離婚か再構築か…物語の結末が注目される中、現在のマリコさんは「スッキリしました。意外と腹をくくっちゃえば、“よし、頑張るか”となるものですね」と語る。物語では、パートナーとの日々の暮らしに悩む妻に向けて、「後悔しないよう。人生は自分で決める」というメッセージも伝えている。

このニュースに関するつぶやき

  • 家政婦は不倫なんかしないので、家政婦以下です
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • 専業主婦だったら、家事を頑張るの当たり前じゃないかな? 離婚したらどのみちワンオペになるしな。 恋愛したけりゃ離婚してからにしろw
    • イイネ!19
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(16件)

ランキングライフスタイル

前日のランキングへ

ニュース設定