12月10日(金)に決定! 2021−2022日本カー・オブ・ザ・イヤーを戴冠するクルマはどれだ!?

0

2021年11月29日 07:41  週プレNEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

週プレNEWS

写真右からスバル BRZ/トヨタ GR86、トヨタ MIRAI、トヨタ ランドクルーザー、日産 ノート、ホンダ ヴェゼル、三菱 アウトランダーPHEV、BMW 4シリーズ、シボレー コルベット、メルセデス・ベンツ Cクラス、フォルクスワーゲン ゴルフ。※トヨタとスバルの共同開発車(GR86とBRZ)は「1車種」としてカウントされている
右からスバル BRZ/トヨタ GR86、トヨタ MIRAI、トヨタ ランドクルーザー、日産 ノート、ホンダ ヴェゼル、三菱 アウトランダーPHEV、BMW 4シリーズ、シボレー コルベット、メルセデス・ベンツ Cクラス、フォルクスワーゲン ゴルフ。※トヨタとスバルの共同開発車(GR86とBRZ)は「1車種」としてカウントされている

12月10日(金)に最終選考が行なわれる「第42回 2021−2022日本カー・オブ・ザ・イヤー」。

11月24日には最終選考に進んだ上位10台の試乗及び取材会が千葉県にあるサーキット場「袖ヶ浦フォレストレースウェイ」で開催された。選考委員で自動車ジャーナリストの小沢コージ氏が特濃試乗し、今年の顔グルマを大予想した。

【画像】2021−2022日本カー・オブ・ザ・イヤー最終選考に進んだ上位10台

■今年の顔グルマ10台に全部乗ってみた!!!

いよいよ出そろった日本カー・オブ・ザ・イヤーの10ベストカー。今年の顔グルマたる10台を現地で試乗取材したオザワがザックリ寸評しよう!

★トヨタ GR86 スバル BRZ

問答無用の国産大衆スポーツカー。出来の良さもさることながら、コスパと意義にはシビれる。ぶっちゃけ、イマドキ300万円以下から買える本格スポーツカーは世界的にレア。つうか、みんな儲からないから絶対に造らん。ましてや電動化の今、完全ガソリンエンジンのスポーツカーなんて新規開発は絶対無理。そういう意味ではホントにファンのためだけに世に送り出したクルマだ。


★トヨタ MIRAI

2代目量産燃料電池車。これまたトヨタしか造れない文字どおり未来を見たクルマだ。正直、あまり売れていないようだが造っただけでエラい! 世の中にはコレを「トヨタのお遊び」と思う人がいるようだがそれは違う。初代プリウスだって最初は全然売れていなかったのだから!

★トヨタ ランドクルーザー

コイツは事実上の世界から見たもうひとつのトヨタの顔だ。一番売れているのは累計5000万台突破のカローラだけど、アレは良品廉価の代表。かたやランクルは1951年、70年前に出てからずっと売れ続け、累計1000万台超! しかも世界で最もタフで壊れない、悪路にチョー強いクルマとして知られている。トヨタの高品質代表だ!

★日産 ノート/ノートオーラ/ノートオーラNISMO/ノートAUTECH CROSSOVER

ノートシリーズはカルロス・ゴーン体制脱却の証である! 国内専用コンパクトとして登場。日産が徹底的にクオリティにこだわり、質感を全域で増した。売れ筋はノートオーラだが、ノートオーラNISMOの走りとクオリティもスゴいし、ノートAUTECH CROSSOVERもイイとこついている。イヤーカーの素質アリ!

★ホンダ ヴェゼル

このSUVもスゴい。実は今のホンダ車のなかではN‐BOXと並び、買う価値のあるクルマだと思う。スゴいのはサイズで、国内最適の全長4.3m、全幅1.8m弱を守りつつ、リアシートはライバルより広く、質感もライバル以上。即買いしても損しないクルマの筆頭である!

★三菱 アウトランダーPHEV

個人的には、乗ってみて今年一番衝撃をウケたクルマだ! 全長4.7m台の2tクラスのクルマで世界イチ扱いやすい。マツダ・ロードスターのように乗れてしまう。三菱ブランドが放った大逆転満塁ホームラン級「電動SUV」だ!

★BWM 4シリーズ(クーペ/カブリオレ/グラン クーペ/M4クーペ)

BWMならではの走りのクオリティは確かにスゴいが、フロントマスクは賛否両論。実はグリルサイズとしては平均的。キドニーグリルが鼻のように見えてしまう。好みが分かれる意欲作だ。

★シボレー コルベット

8代目にして悲願のミッドシップレイアウト採用したコルベット。かつてのFRファンからすると悩ましいがクルマの出来は素晴らしい。1000万円オーバーの価格は絶対的には高いが、スーパーカー全体のなかでみると安い。フェラーリやランボルギーニと比べれば完全に価格破壊である! 

★メルセデス・ベンツCクラス

もはやSクラスと比べて遜色ない質感と走り。違いはサイズのみだ。確かに600万円台の価格は安くないけど、高級車のヒエラルキーを超越した1台である。ただし、日本のサラリーマンには手が届かない価格だ。そこに関しては痛い。


★フォルクスワーゲン ゴルフ/ゴルフヴァリアント

300万円前後から買える輸入車コンパクトとして総合力は随一。走り、デジタル性能、品質、パッケージ、どれも優れている。ただし、旧型からそれほど飛躍した感はナシ。そこがオザワ的には残念だ。

■10ベスト試乗会の総括

つくづく今年は国産車の当たり年! "電動化"という意味で見ると、世界的な注目は少ないかもしれんが、トヨタ、日産、ホンダ、三菱はどれがイヤーカーになってもマジでおかしくない! 実力伯仲! このレベルの高さはココ10年で一番かも!?

12月10日(金)に最終戦選考が行なわれる「第42回 2021−2022日本カー・オブ・ザ・イヤー」は、今年も新型コロナウイルス感染症(COVID‐19)の拡大防止の観点から、最終選考会と表彰式の模様は公式YouTubeチャンネルにて生配信される予定だ。


■試乗して解説してくれた人 
小沢コージ(Koji OZAWA) 
自動車ジャーナリスト。TBSラジオ『週刊自動車批評 小沢コージのCARグルメ』(毎週木曜17時50分〜)。YouTubeチャンネル『KozziTV』を好評配信中!

撮影/週プレNEWS 望月浩彦(アウトランダーPHEV)

    ニュース設定