auの「CDMA 1X WIN」が2022年3月31日をもって終息 VoLTE“非対応”の「au 4G LTE」「UQ mobile」音声端末も

49

2021年11月29日 13:42  ITmedia Mobile

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ITmedia Mobile

写真2022年3月31日をもって通信サービスを終了するCDMA 1X WIN対応端末の1つ「WIN W47T」
2022年3月31日をもって通信サービスを終了するCDMA 1X WIN対応端末の1つ「WIN W47T」

 KDDIと沖縄セルラー電話は、3G通信サービス「CDMA 1X WIN」の提供を2022年3月31日をもって終了する。これに伴い、「au VoLTE」に対応しない「au 4G LTE」「UQ mobile」音声端末における通信サービスの提供も同日をもって終了する。



【その他の画像】



●サービスを終了する端末/料金プラン類



 CDMA 1X WINの提供終了に伴い、2022年4月1日以降、以下の端末でのモバイル通信は利用できなくなる。



・全てのCDMA 1X WIN端末(「iPhone 4S」や通信モジュールを含む)



・全てのVoLTE非対応Android 4G LTEスマートフォン(au向けは型番に「L」が付く)



・AQUOS K SHF31



・iPhone 5/5s/5c



 以下の4G LTE端末については、端末設定からVoLTEを有効とすることで同日以降も利用できる。



・iPhone 6/6 Plus(※1)(※2)



・iPhone 6s/6s Plus(※1)



・iPhone 7/7 Plus(※1)



・iPhone SE(第1世代)(※1)



・GRANTINA 4G KYF34



(※1)「ネットワーク設定オプション」(月額無料)を契約していない場合は、別途契約する必要があります(※2)UQ mobileのVoLTE非対応音声プラン(SIMカード)では2022年4月1日以降は利用不可



 合わせて、以下の料金プランやサービスも提供終了となる。



・CDMA 1X WIN端末向けの全てのプラン/サービス



・UQ mobileブランドのVoLTE非対応端末向け音声プラン/サービス



 一方で、以下のプラン/サービスについては継続して提供される。



・au 4G LTEの料金プラン(※2)



・UQ mobileの「データ高速プラン」「データ無制限プラン」(音声通話非対応)



(※2)VoLTE非対応の音声端末向けプラン(プラン名の末尾に「V」が付かないもの)を2022年4月1日以降も利用する場合は、設定変更によってVoLTEに対応できる端末が必要



●2022年4月1日以降の対応について



 サービス終了の対象となる端末や料金プラン類を利用(契約)しているユーザーは、2022年3月31日まで無料で特定端末への機種変更やSIMカードの交換を行える。



 同日までに機種(契約)変更の手続きを行わなかった場合の扱いは以下の通りとなる。



CDMA 1X WIN



 CDMA 1X WINの契約は、2022年4月1日付で自動解除される。この際に解約金(契約解除料)は発生しない。



 ただし、「ぷりペイド」を除く音声通話対応の契約については、2022年6月30日まで電話番号とメールアドレスが自動保管される。保管対象となった契約のユーザーは、同日まで保管された電話番号とメールアドレスで「au 5G」または「au 4G LTE」の新規契約を行える。事務手数料は無料だ。



au 4G LTE(VoLTE非対応音声端末向けプラン/サービス)



 au 4G LTEのVoLTE非対応音声端末向けプラン/サービスの契約については、auのシステムに登録されている「最新の購入(利用)機種」によって扱いが異なる。



【端末操作でVoLTEを有効化できる機種が登録されている場合】



 2022年4月1日以降も契約は引き続き有効となる。ただし、先述の通り、端末の設定を変更しないとモバイル通信が行えなくなるので注意しよう。



【他のスマホ/ケータイが登録されている場合】



 契約は2022年4月1日付で自動休止となる。休止に伴う事務手数料や情報保管料は免除される。



 自動休止後、2022年6月30日までに「再利用(利用再開)」の手続きを行えば契約を継続できる。手数料は無料だ。再利用と機種(契約)変更の手続きを同時に行う場合は、機種変更に伴う事務手数料も無料となる。



 2022年6月30日までに再利用手続きを行わなかった場合、契約は2022年7月1日付で自動解除される。解約金は発生しない。



 なお、端末操作でVoLTEを有効化できる機種にSIMカード(au IC Card)を差し替えて使っている場合は、事前に申し出ることで自動休止の対象から外すこともできる。手続き方法については別途案内するという。



UQ mobile(VoLTE非対応音声端末向けプラン/サービス)



 UQ mobileのVoLTE非対応音声端末向けプラン/サービスの契約は、2022年4月1日付で自動解除される。この際に解約金(契約解除料)は発生しない。



 ただし、自動解約後も2022年6月30日まで電話番号とメールアドレスが自動保管される。保管対象となった契約のユーザーは、同日まで保管された電話番号とメールアドレスでVoLTE対応SIMカードの新規契約を行える。事務手数料は無料だ。


このニュースに関するつぶやき

  • 変えてくれって沢山DM来てたが碌なプラン無く保留してた
    • イイネ!0
    • コメント 1件
  • とうとうかぁ
    • イイネ!19
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(24件)

ランキングIT・インターネット

前日のランキングへ

ニュース設定