ローカル5Gを使った固定回線サービス、NUROから日本初登場 工事不要で速度制限なし 月額5000円程度

1

2021年11月29日 16:11  ITmedia NEWS

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ITmedia NEWS

写真写真

 ソニーワイヤレスコミュニケーションズは11月29日、集合住宅向けの個人用5G接続サービス「NURO Wireless 5G」の提供を2022年春ごろに始めると発表した。ローカル5Gの商用免許で住宅向けの固定通信サービスを提供するのは日本初という。通信速度制限はなく、ルーターはレンタルで回線工事は不要。利用料は月額5000円程度を予定。7日間の無償使用期間を設ける。



【その他の画像】



 提供エリアに専用のアンテナを設置することで周囲をサービスエリア化することで、5G無線通信サービスを提供する。ベストエフォート型ではあるが、地域と利用者を限定した独自ネットワークのため、アクセス集中によるパフォーマンス低下を防げるとしている。



 周波数帯は4.8〜4.9GHz。ミリ波への対応も検討する。ルーターはIEEE802.11a/b/g、Wi-Fi 4〜Wi-Fi 6まで対応。提供可能エリアは、北海道、関東、東海、関西、九州地方の一部。


    ランキングIT・インターネット

    前日のランキングへ

    ニュース設定