豊川悦司&中村倫也のバディ愛がさく裂!『No Activity』特別映像解禁

1

2021年11月29日 20:11  クランクイン!

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

クランクイン!

写真Amazon Prime Videoオリジナルドラマ『No Activity/本日も異状なし』で共演する中村倫也、豊川悦司 (C)2021 Amazon Content Services LLC
Amazon Prime Videoオリジナルドラマ『No Activity/本日も異状なし』で共演する中村倫也、豊川悦司 (C)2021 Amazon Content Services LLC
 俳優の豊川悦司が主演を務め、中村倫也が共演する12月17日配信スタートの連続ドラマ『No Activity/本日も異状なし』(Amazon Prime Video)より、劇中でバディを組む豊川と中村が、お互いについて語る特別映像が解禁された。

【動画】『No Activity/本日も異状なし』豊川悦司&中村倫也特別映像

 オーストラリアで大ヒットしたコメディードラマ『No Activity』をリメークした本作は、ハッタリだらけのベテラン刑事・時田信吾と刺激を求める新米刑事・椎名遊のバディが、麻薬捜査の張り込み中に巻き起こす、予測不可能な騒動を描く。豊川が時田信吾役、中村が椎名遊役を演じる。共演は、木村佳乃、清野菜名、岸谷五朗、岡山天音、岸井ゆきの。監督は、映画『ヒロイン失格』(2015)や『賭ケグルイ』シリーズ、『東京リベンジャーズ』(2021)でメガホンをとった英勉。脚本をお笑いコンビ・シソンヌのじろうが手がける。

 初めてタッグを組むことになった時田(豊川)と椎名(中村)。新人刑事の椎名は、謎の名言ばかりを並べる時田に最初は距離を置くが、次第に時田の沼のような魅力にズブズブとハマってゆく。聞き上手な椎名に乗せられるように、テキトーさに拍車のかかる時田。そんな時田に引きずられるようにして、次第に羽目を外してゆく椎名。妙にウマが合うことに気づいた2人は、緊張感あふれる麻薬取引の張り込み中にも関わらず、まるで中学生のようにやりたい放題でふざけまくる。果たして2人は、無事に犯人を検挙することができるのか。

 今回解禁されたのは、豊川と中村が役柄さながらに“バディ愛”をにじませながらトークを繰り広げる特別映像。

 お互いへの印象を聞かれると、豊川は「撮影の半ばになると、中村くんを家に置いておきたいなというくらい、中村くんが演じる椎名が面白くなってきました。僕が何かするたびに椎名は色々言ってくれるんじゃないかって。アドバイスをくれたり、相槌を打ってくれたり、Alexa以上の存在になってくれそうな気がします」とコメント。隣で聞いていた中村は「本当ですか!?」と驚き照れ笑い。さらに豊川は「(中村が)元々素晴らしい俳優さんというのは知ってたんですけど、今回はこの関係性が特に、中村君の印象を底上げしてくれました」と明かす。

 一方の中村は「バディの時田役が豊川さんだと知って、楽しみでしょうがなかったです。想像をはるかに超える、チャーミングかつポンコツな先輩っていう(笑)。台本読みの数シーンで、既に時田が大好きになりました」とコメント。それぞれがお互いへの好印象を笑顔で語っており、これまで見たことがないような名バディの誕生を予感させる映像となっている。

 Amazon Originalドラマ『No Activity/本日も異状なし』は、Amazon Prime Videoにて12月17日より本編6話一挙独占配信。

このニュースに関するつぶやき

  • ともやとトヨエツだと。見よう。
    • イイネ!2
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

ニュース設定