藤原大祐×桜田ひより、新たな男女入れ替わりラブストーリー『神様のえこひいき』実写化

0

2021年11月30日 08:00  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真マーガレット Love Stories 第3弾、Huluオリジナル『神様のえこひいき』出演者(上段左から)藤原大祐、桜田ひより(下段左から)窪塚愛流、古川雄輝、新井舞良
マーガレット Love Stories 第3弾、Huluオリジナル『神様のえこひいき』出演者(上段左から)藤原大祐、桜田ひより(下段左から)窪塚愛流、古川雄輝、新井舞良
 若手俳優の藤原大祐(ふじわら・たいゆ)、桜田ひよりをダブル主演に迎え、小村あゆみの漫画を実写ドラマ化した『神様のえこひいき』が、動画配信サービス「Hulu」で来年(2022年)3月19日から独占配信されることが明らかになった(毎週土曜、新エピソード2話ずつ配信、全8話)。次世代を担う2人が、本作で初共演を果たし、さらに、お互いの中身が入れ替わり、1人で男女それぞれの内面を演じ分ける難役に挑戦する。

【画像】第1弾『マイルノビッチ』&第2弾『悪魔とラブソング』

 少女漫画誌「マーガレット」(集英社)の人気作品をHuluで連続ドラマ化して独占配信する恋愛ドラマシリーズ「マーガレット Love Stories」の第3弾(第1弾『マイルノビッチ』、第2弾『悪魔とラブソング』は配信中)。原作「神様のえこひいき」は、2017年〜18年に同誌で連載された。

 「オレはケンタのことが好きだ」。同性の親友・ケンタへ告白するもあっさりフラれ、しかもその直後に交通事故にあって死んでしまう主人公・弥白(やしろ)。しかし、暇を持て余した神様の“えこひいき”により、弥白は望む姿で生まれ変われることに!?

 「ケンタ好みの女の子になって、今度こそ、ケンタと恋がしたい!」。その一心で女の子・神楽(かぐら)に生まれ変わったはずが、中身は“オレ”のままで容姿だけが女。思い描いていた女子力を発揮できず、ケンタとの距離は一向に縮まらない。それなのに、ケンタの元カノ・鈴(りん)から「友達じゃなく、恋愛の好きだわ」と告白されてしまい!? さらに、死んだはずの弥白の身体が生きていることが発覚! しかし、中身は神楽になっていて…。

 男女入れ替わりで巻き起こる“好き”の交錯。愛のカタチはさまざまでも、性別や常識を乗り越え、人が人を真剣に好きになるというピュアで一途な思いを鮮やかに描き出した作品。

 自分の恋心に戸惑いながらも、親友・ケンタに思いを伝えようとする主人公・天野弥白(あまの・やしろ)を演じる藤原は、『恋する母たち』(2020年・TBS)、『おじさんはカワイイものがお好き。』(20年・YTV)、『推しの王子様』(21年・CX)と、話題のドラマへ立て続けに出演し、本作でドラマ初主演を飾る。

 一方、弥白が生まれ変わる女子高生・天堂神楽(てんどう・かぐら)役を演じる桜田は、弱冠18歳にして既に出演ドラマ・映画は50本以上、24時間テレビ ドラマスペシャル『生徒が人生をやり直せる学校』(21年・NTV)をはじめ数々の作品で確かな演技を魅せる傍ら、「Seventeen」の専属モデルとしても活躍する。

 このほか、弥白の親友で想い人・七原ケンタ(ななはら・けんた)役には、今年から本格的に俳優活動をスタートさせた窪塚愛流(くぼづか・あいる)。中身が弥白に入れ替わった神楽に好奇心を抱く超肉食系女子・鳥居鈴(とりい・りん)役には、“顔面最強女子”を決める「VoCE」専属モデルオーディションでグランプリを獲得し、『アンラッキーガール!』(21年・YTV)にレギュラー出演する新井舞良(あらい・まいら)。そして、弥白と神楽の中身を入れ替える、気まぐれで神出鬼没の神様役を、さまざまな漫画原作の実写化を担ってきた古川雄輝(ふるかわ・ゆうき)が演じる。

■藤原大祐(天野弥白 役)のコメント
 このお話をいただいたのは1年ほど前だったのですが、まだ駆け出したばかりの僕に主演を任せていただけたことがとてもうれしかったです。喜びが大きい分、同時に強い責任も感じました。

 僕の演じる弥白は物語の主人公でありながらも、ケンタといる時は常に2番目。「ケンタが1番で弥白は2番」という意識を大切にして、ふとした時に優しさが垣間見えるように演じました。

 入れ替わりを演じる上で、神楽というキャラクターは、女の子に振り切ることができない難しさがありました。ですが、立ち方、歩き方、話し方などの所作は、やはり女性と男性とでは大きく違うので、役作りをする上で研究しました。

 この作品は「性の多様性」「愛の自由さ」という社会的テーマを扱いながらも、それをポップに描いているのが見どころです。原作にはない新たな設定が加えられているのですが、原作ファンの方にも新たな気持ちで楽しんでいただければと思います。

■桜田ひより(天堂神楽 役)のコメント
 私が恋愛ドラマ!? と驚きましたが、原作を読み進めていくうち、「これは…ただの恋愛ものじゃない…!」と、にやけてしまいました。人を好きになり恋をすることは、楽しいだけではなく、傷ついたり落ち込んだり、苦しくなったり辛くなったりもしますが、それでも人間はたった1人を愛すること、大切な人を想う気持ちは何よりも美しいなと感じます。

 私が演じる「神楽/カグラ」は、中身が男性に入れ替わる難しい役なので、外出時は男性の仕草に注目しながら人間観察し、カッコいいだけではなく、柔らかく、包み込むような優しさを持つキャラクターになるように演じました。

 いろいろな恋愛のカタチがあり、一人一人の物語があります。最終話までそれぞれの恋を応援していただけたら嬉しいです。余談ですが、右近役の犬・こまちゃんがとにかくかわいいので、そちらもお楽しみにしていただきたいです。
    ニュース設定