小説の「書き出し」が学べる文字書き向け指南書が登場 最初の数行で読者を引きつけよう!

1

2021年11月30日 08:09  ねとらぼ

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ねとらぼ

写真『「書き出し」で釣りあげろ 1ページ目から読者の心を掴み、決して逃さない小説の書き方』
『「書き出し」で釣りあげろ 1ページ目から読者の心を掴み、決して逃さない小説の書き方』

 読者の心を引きつける魅力的なオープニングの書き方を指南する本『「書き出し」で釣りあげろ 1ページ目から読者の心を掴み、決して逃さない小説の書き方』が、フィルムアート社から発売されました。304ページ、2000円(税別)です。



【その他の画像】



 小説を書く人にとって、いったん読み始めた読者がたった数ページで本を閉じてしまうことはとても悲しいこと。本書では、そんな事態が起きないようにするべく、さまざまな作品を例にして小説のオープニング部分「書き出し」を、どう書いたら良いのか教えてくれます。



 カポーティやハインラインなど一流作家の「書き出し」を分析し、どうしたら読者を引きつけられるのかを具体的に解説。オープニングシーンを構成する10の要素をもとに、何をどこまで入れるべきなのかが書かれています。



 商業誌や同人誌、あるいは小説投稿サイトなど、発表の場はたくさんあるけど読者が増えないことはよくある悩み。本書を参考にして小説の「書き出し」を変えてみるのも良いかもしれませんね。


    ニュース設定