【カムカムエヴリバディ】第23回あらすじ 芋飴を作るも簡単には売れず…

0

2021年11月30日 08:15  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真『カムカムエヴリバディ』第23回より(C)NHK
『カムカムエヴリバディ』第23回より(C)NHK
 女優の上白石萌音が初代ヒロインを担当する2021年後期連続テレビ小説 『カムカムエヴリバディ』(月〜土 前8:00 総合/前 7:30 BS4K・BSプレミアム※土曜日は1週間の振り返り)。12月1日放送の第23回あらすじを紹介する。

【場面写真】空き巣と間違われてしまった安子は…

 安子(上白石)は試行錯誤を繰り返しながら芋飴を作っていたが、そう簡単には売れず…。るいを守る一心で自分はろくに食べもせず、働きづめの日々。

 そんな中、安子は住宅街の民家から漏れ聞こえる英語の歌に出会う。それは平川唯一という講師の『英語会話』第1回放送だった。それから毎日仕事終わりに民家の軒先に立ち寄り『英語会話』に夢中になって聴いていたが、空き巣に疑われてしまう。

 本作は、連続テレビ小説『ちりとてちん』の藤本有紀氏が、ラジオ英語講座と、あんこと野球とジャズと時代劇を題材に書き下ろすオリジナルストーリー。朝ドラ史上初となる3人のヒロイン、安子(やすこ)・るい・ひなたが、母から娘へとバトンをつなぎ、戦前から戦後、そして令和までの物語を紡いでいく。安子役は上白石、るい役を深津絵里、ひなた役を川栄李奈が演じる。
    ニュース設定