【岩合光昭】京都の魅力を猫に教わる とっておきの場所とは?

2

2021年11月30日 11:30  AERA dot.

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AERA dot.

写真岩合光昭 (c)Iwago Photographic Office
岩合光昭 (c)Iwago Photographic Office
 動物写真家・岩合光昭さんが見つけた“いい猫(こ)”を紹介する「今週の猫」。今回は、京都府の小倉山の「ビバ、ニャパン!」です。


【今週の猫の写真はこちら】
*  *  *



 紅葉の名所、常寂光寺で暮らすクロベエ。住職のご主人がお勤めをする間、境内を案内してくれた。しっぽを立てご機嫌な様子で、時折「ついてきてる?」と言わんばかりに振り返り、とっておきの場所にやってきた。


 青々とした竹林に苔むした抹茶色の大地。奥に広がる紅葉が一枚の絵を紡ぐ。その中をゆっくりと歩く漆黒の猫……。


 コスモポリタンなはずの僕の口から、思わず「日本に生まれてよかった」という言葉が漏れた。母国の美しさと京都の魅力を教えてくれた猫だった。


デジタル岩合
http://www.digitaliwago.com/

※週刊朝日  2021年12月3日号


このニュースに関するつぶやき

  • 京都猫にゃ
    • イイネ!5
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

前日のランキングへ

ニュース設定