金子大地×醍醐虎汰朗『未来世紀SHIBUYA』禁断のバーチャルセックスを正義マンが体験

0

2021年11月30日 12:00  ドワンゴジェイピーnews

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ドワンゴジェイピーnews

写真写真

オンライン動画配信サービスHuluは、新たなジャンルに果敢に挑む異色の挑戦作『未来世紀SHIBUYA』(全6本)を全話独占配信中。


この度、本作より第2話の本編映像が解禁された。様々な最新テクノロジーが登場する本作。中でも注目度が高いのが“バーチャルセックスマシーン”。事前に身体をスキャンし、特殊な装置を頭にかぶるだけで、誰でも脳内でセックスを擬似体験できるという禁断の装置。


第2話では、「事故で記憶を失った父親の記憶を取り戻したい」という依頼に奮闘する正義マン。事故を目撃した可能性のある韓国料理店の店主に、その記憶を再生するため記憶センターに同行してもらえるよう頼み込むと、ミツルかカケルのどちらかとバーチャルセックスをすることを条件に承諾。耳を疑うような提案だが、依頼人のツバサのためにも「バーチャルだし・・」と渋々OKするカケルは、ミツルが横で見守る中特殊な装置を頭にかぶり目を閉じる。



無事バーチャルセックスを終え、正義マンとツバサは、店主を連れて記憶センターへ。記憶を抽出されている店主を横に、その記憶の映像を再生させると、なんとその店主と思われるセクシー美女と絡みながら、なんとも情けない声で悶える様子が映し出され、慌てて画面を覆うカケル。「誰もに見られない二人だけの世界だから」と承諾したバーチャルセックスが、性悪な店主のいたずらにより漏洩し、その場はなんとも言えない空気が張り詰めるー。


ここで登場する記憶の抽出や再生は、実現するなんて思えない夢のような話に思えるが、実際に実用化に向け開発が進んでいる国もある。バーチャルセックスの実現も、もはや夢物語ではないかもしれない。



Huluオリジナル『未来世紀SHIBUYA』(全6本)

2021年11月26日より全話独占配信中

監督:白石晃士

脚本:保坂大輔 白石晃士

音楽:牧戸太郎

出演:金子大地 醍醐虎汰朗 篠原悠伸 Hina / 藤森慎吾 宇野祥平

主題歌:Dios「ダークルーム」

©HJホールディングス


    ニュース設定