軽くて高コスパ、「AQUOS zero6」と「AQUOS sense6」はどちらが買い? 使用感を徹底比較した

0

2021年11月30日 12:02  ITmedia Mobile

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ITmedia Mobile

写真シャープの「AQUOS sense6」(左)と「AQUOS zero6」(右)
シャープの「AQUOS sense6」(左)と「AQUOS zero6」(右)

 シャープの最新ミッドレンジスマートフォン「AQUOS zero6」と「AQUOS sense6」が発売された。これまで、「zero」シリーズはミドルハイで、「sense」シリーズは幅広いユーザーを対象とするスタンダードモデルという位置付けだったが、実はスペックの差はさほど大きくはない。プロセッサやメモリは異なるものの、どちらも高精細な有機ELディスプレイを搭載し、アウトカメラの基本スペックも共通している。使い勝手はどう違うのか? コスパが高いのはどちら? 2モデルを使い比べてみた。



【その他の画像】



●両モデルの基本スペックと価格の違いは?



 まずは、両モデルの基本的なスペックを比べておこう。



 AQUOS zero6の方がプロセッサの性能が高く、メインメモリはゲームを楽しんだり、マルチタスク操作をしたりするのにも十分な8GBを確保している。AQUOS sense6は、zero6と比べると控えめだが、普段使いに十分な仕様といえる。カメラはzero6と同等で、バッテリーはzero6よりも多い。



 AQUOS zero6はau、ソフトバンク、楽天モバイルが取り扱い、2021年11月30日時点でSIMロックフリー版(オープンマーケット向けモデル)は発表されていない。AQUOS sense6はNTTドコモ、au、楽天モバイルが取り扱う他、SIMロックフリー版も発売されている。なお、通信キャリアが発売するモデルにもSIMロックはかけられていない。ただし、5Gの対応周波数やeSIMなど、キャリアによって仕様が異なる部分があるので注意は必要だ。



 2021年11月30日時点の各モデルの価格は下記の通り。両モデルを取り扱うauと楽天モバイルの価格を見ると、AQUOS zero6はAQUOS sense6よりも3万円ほど高い。



AQUOS zero6



・au:7万1585円(「スマホトクするプログラム」適用時:3万9905円)



・ソフトバンク:7万4880円(「新トクするサポート」適用時:3万7440円)



・楽天モバイル:6万9800円



AQUOS sense6



・ドコモ:5万7024円(「いつでもカエドキプログラム」適用時:3万9864円)



・au:4万470円(「スマホトクするプログラム」適用時:3万2430円)



・楽天モバイル:3万9800円



・SIMロックフリー版:4万5320円



●zero6は驚くほど軽いが、sense6もほどよく軽い



 AQUOS zero6の最大の特徴は軽さだ。シャープによると、画面サイズが6型以上で4000mAh以上のバッテリーを搭載した、防水・防塵対応の5Gスマホでは世界最軽量を実現しているという。筆者もそうだったが、初めて触れた人は「本当に実機なのか? 」「モックアップ(デザイン模型)ではないのか?」と疑いたくなるほどの軽さだ。



 この軽さを実現するために、フレームと背面パネルには樹脂素材が用いられている。フレームはメタル、背面はガラスに見えるような塗装が施されているが、手にするとチープ感は否めず、指紋が付着しやすいのも気になった。



 一方、AQUOS sense6は、従来モデルと同様にアルミニウムを用いている。画面サイズが小さい分、zero6よりも一回り小さいが、10gほど重い。とはいえ、6.1型ディスプレイを搭載しながら156gは、十分すぎるほど軽い。むしろ、手にした時に安定したホールド感が得られ、こちらを好む人もいるだろう。



 物理キーや外部接続端子などの配置は共通する部分が多く、右側面にボリュームキー、アシストキー、電源キーを配置。左側面にSIM/microSDスロットを備えている。差分はイヤフォンジャックとスピーカーにある。AQUOS zero6は上部にイヤフォンジャックを搭載し、スピーカーはフロントパネル上部と底部に備える。AQUOS sense6はイヤフォンジャックを底部に搭載し、スピーカーは底部に1基だけを備えるモノラルスピーカーだ。



●ディスプレイは2機種ともOLEDだが、IGZOはAQUOS sense6のみ



 ディプレイはAQUOS zero6が約6.4型で、AQUOS sense6が約6.1型。解像度はどちらもフルHD+だが、アスペクト比がわずかに異なり、画素数はAQUOS zero6が1080×2340ピクセルで、AQUOS sense6は1080×2432ピクセルとなっている。



 どちらも有機ELを採用しているが、スペックシートにはAQUOS zero6は「OLED」と記され、AQUOS sense6には「IGZO OLED」と記されている。IGZOとは、シャープが世界で初めて量産化に成功したディスプレイ技術で、滑らかな画質、レスポンスの良さ、省電力などに定評がある。AQUOS sense6の前モデル「AQUOS sense5G」はIGZO液晶を搭載していたが、AQUOS sense6ではIGZOの技術を有機ELに応用した「IGZO OLED」に進化したわけだ。



 Webや地図、撮影した写真などを表示させて比べてみた結果、AQUOS sense6の方が明るく表示されるように感じた。



 なお、画面の更新速度を示すリフレッシュレートには大きな差があり、AQUOS zero6は1秒間に120回更新する120Hzに対応。さらに更新の間に黒い画面を挿入する仕組みで、実質的には240Hzの高リフレッシュレートを実現している。一方、AQUOS sense6のリフレッシュレートは60Hzだ。



 リフレッシュレートが高い方が画面をスクロールしたときの残像感が少なく、動きの速いゲームなどもプレイしやすいという利点がある。ただし、リフレッシュレートを高くすると、バッテリー消費も早まる。どちらを優先するべきは使い方によって異なるだろう。



●トリプルカメラの性能は互角、独自の動画撮影機能も便利



 アウトカメラは両モデルともに3眼で、広角(約800万画素/F2.4)+標準(約4800万画素/F1.8)+望遠(約800万画素/F2.4)という構成。広角は焦点距離が15mm相当(35mmフィルム換算)で120度の画角で撮影できるので、一般的には「超広角」と呼ぶべきだろう。標準は焦点距離が26mm相当なので「広角」だ。望遠は焦点距離が53mm相当で、標準に対して2倍光学ズームで撮影できる。



 実際に撮り比べてみたところ、両モデルの画質にほぼ差はなかった。ナチュラルな色調で写り、AIによるシーン認識をオンにしても、過剰な補正がかかることはない。鮮やかを好む人はAIをオンにして、落ち着いた色合いを好む人はAIをオフにして撮るといいだろう。



 なお、AQUOS zero6にはToFセンサーが搭載されており、薄暗い場所でも素早く正確にピントを合わせられる。しかし、筆者が使ったみた範囲では、AQUOS sense6のAFが遅いと感じることはなく、ToFセンサーがなくても困らない人が多いのではないかと思う。



 AIを利用したユニークな動画撮影を搭載していることもAQUOSの利点。動画の撮影中にAIが構図や被写体の顔の向きなどを認識して、自動で静止画も記録してくれる「AIライブシャッター」と、動画を撮影するだけで15秒程度の音楽付きのショートムービーが自動編集される「AIライブストーリー」を楽しめる。ただ撮るだけという簡単機能ながら、思いがけずいいショットが撮れたり、楽しい動画が勝手にできたりする。



●zero6のパフォーマンスはハイスペックモデルに迫る



 プロセッサには、AQUOS zero6はミドルハイ向けのSnapdragon 750 5G、AQUOS sense6はミッドレンジ向けのSnapdragon 690 5Gを採用している。しかし、Webを見たり、SNSに投稿したり、カメラで撮影したりといった基本的な操作では、操作感にほとんど差は感じられなかった。



 5G向けのSnapdragonは、4G向けよりも処理速度が向上している印象で、7シリーズ(700番台)は2〜3年前の8シリーズ相応、6シリーズは2〜3年前の7シリーズ相応というようにも感じる。従って、2〜3年前に発売されたミドルレンジモデルを使っている人は、AQUOS sense6に機種変更したとしても、操作性が大きく向上したことを実感できるはずだ。



 「Geekbench 5」というアプリでベンチマークを測定してみたが、両モデルのスコアにはさほど大きな差はなかった。メインメモリはzero6が8GBで、sense6が4GBなので、マルチタスク操作や、データサイズが大きいゲームなどをプレイする際には差を感じることになるはずだ。



 両モデルのリフレッシュレートが異なることは先述したが、タッチ操作への反応を示すタッチサンプリングレートにも差がある。AQUOS zero6が最大240Hzで、AQUOS sense6は最大120Hzなので、タッチ操作が多く、正確さが求められるゲームやアプリでもzero6が有利だ。ただし、筆者のように暇つぶし程度にゲームを楽しむ人は、さほど気にする必要はない。



●電池持ちはsense6に軍配も、充電スピードには不満



 バッテリー容量は、AQUOS zero6が4010mAhで、AQUOS sense6が4570mAh。電池持ちを比べるために、100%まで充電してから「Netflix」の2時間の映画を再生させてみた。その結果、AQUOS zero6の電池残量は91%になり、AQUOS sense6は94%だった。YouTube動画を「高画質」に設定して2時間再生した場合も同じような結果で、AQUOS zero6は残量が87%で、AQUOS sense6は92%も残っていた。やはりバッテリー容量が多い分、sense6の方が電池持ちはいいようだ。



 ただし、AQUOS zero6の方が大きな画面でステレオスピーカーを搭載しているので、より動画鑑賞に適していることは言うまでもない。内蔵スピーカーから出力した場合、樹脂製のケースが薄いためか、一般的なスマホよりも振動が大きく感じられた。



 AQUOS sense6の電池持ちにはIGZOの効果も寄与しているだろう。しかし、筆者の個人的な印象ではあるが、IGZO OLEDの省電力効果はさほど大きくないように感じられた。従来のIGZO液晶は、一般的な液晶を搭載する端末に比べると電池が著しく長く持つことを実感できたが、IGZO OLEDは、他社の有機ELディスプレイ搭載モデルと比べて “若干いいかも” という程度だ。いずれにしろ、zero6、sense6ともに、使い方によっては2〜3日の電池持ちを見込めそうだ。なお、満充電を避けるなどして電池の寿命を長くする機能も備えている



 両モデル共通で、電池まわりで残念に感じたことは2つある。まず、ワイヤレス充電に対応していないこと。ワイヤレス充電は有線での充電に比べると時間がかかるが、置くだけの手軽さに慣れた人にとっては手放せなくなる。ぜひ、今後のモデルでの対応を期待したい。



 また、充電に時間を要することも気になった。Androidはメーカー独自の急速充電技術を取り入れて、スピーディーに充電できる機種が増えている。きっちり時間を測ったわけではないが、AQUOS zero6、AQUOS sense6ともに、ある程度電池残量が少なくなってから充電を開始して、1時間ではフルにならず、2時間くらいかかった。実際には1時間も充電すれば、その日の使用には足りるはずだが、OPPOやXiaomiなどのスピーディーな充電を体験したことがある人は、じれったく感じるかもしれない。



●ゲームや映画を楽しみたいならzero6、コスト重視ならsense6がおすすめ



 AQUOSは、シャープ独自のアシスタント機能「エモパー」や、素早く決済アプリを起動できる「Payトリガー」など、独自の便利機能が充実している。おサイフケータイが使えて、防水・防塵にも対応している。それらの仕様は両モデルが共通している。



 AQUOS zero6とAQUOS sense6のどちらを買うべきかを迷うのなら、どう使いたいかという用途を明確にすべきた。ゲームを見たり、映画を楽しんだりするには、画面が大きく、CPUの性能が高いzero6が有利だ。zero6は軽いので、結果として、長時間手に持っていても疲れないというメリットもある。



 WebやSNS、カメラといった日常的な用途がメインであれば、安いAQUOS sense6を選ぶのが得策だ。zero6よりスペックは低いとはいえ、普段使いには申し分のないスペックを備えていて、アルミボディーの質感もいい。価格だけに目を向ければ、より安いモデルはあるが、AQUOSはスペックや機能に妥協せず、多くの人がスマホでしたいことを漏れなく実現できる仕様になっている。まだスマホを使いこなしていないが、いろいろなアプリを試してみたいと考えている人にも格好の選択肢となるだろう。


    ランキングIT・インターネット

    前日のランキングへ

    ニュース設定