JR西日本、近江塩津駅に0番のりば新設 - ダイヤ乱れの場合のみ使用

1

2021年11月30日 17:41  マイナビニュース

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

マイナビニュース

写真画像提供:マイナビニュース
画像提供:マイナビニュース
JR西日本は30日、北陸本線の近江塩津駅にて、異常時用の0番のりばを12月20日から使用開始すると発表した。大雪によるダイヤ乱れが見込まれる場合のみ、新設の0番のりばを使用するという。


近江塩津駅では、これまで冬季において、雪の介在により分岐器が正当に動作しない事象を防止するため、分岐器を動作させずに一定方向に固定していた。その結果、湖西線から北陸本線敦賀方面へ向かう列車の乗降や、北陸本線米原方面への乗換えができない事象が発生していたという。



0番のりばは湖西線から北陸本線敦賀方面へ走行する通過列車用の線路上に新設され、ホームは4両対応で長さ80m、幅約1.5〜2m。乗降用階段が1カ所設けられる。通常時は使用しないが、大雪等でダイヤ乱れが見込まれる場合のみ、敦賀方面へ向かう湖西線・北陸本線の下り列車が0番のりばに停車(特急列車などは除く)する。


近江塩津駅に0番のりばを新設することにより、同駅での乗降や乗換えに加え、分岐器が正当に動作しない事象を回避することで、安定した輸送サービスの確保も可能になるとのこと。(MN 鉄道ニュース編集部)
    ニュース設定