「大きな一歩だと考えています」伊藤詩織さんが中傷ツイート訴訟判決で涙 漫画家らに賠償命令

1

2021年11月30日 19:20  AERA dot.

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AERA dot.

写真伊藤詩織さん/2020年6月8日撮影
伊藤詩織さん/2020年6月8日撮影
「大きな一歩だと考えています」


 性被害を訴えてきたジャーナリストの伊藤詩織さん(32)は11月30日午後、東京都内で開いた会見の後半で、少し涙ぐみながらこう語った。


【画像】伊藤さんを苦しめた「安倍トモ」ジャーナリストが記したメール
 ツイッターに投稿されたイラストなどで名誉を傷つけられとして、漫画家のはすみとしこさんら3人に計770万円の支払いを求める訴訟を東京地裁に起こした裁判。小田正二裁判長はこの日の判決で、はすみさんに88万円の支払いと投稿の削除、謝罪広告の掲載を命じた。リツイート(転載)した男性2人にも、それぞれ11万円の支払いを命じた。


 訴状によれば、はすみさんは2017年6月〜19年12月、伊藤さんと思わせる女性が描かれたり、「枕営業失敗」などと文字が書かれたりした5本のイラストを投稿。伊藤さんは名誉を傷つけられたとして、昨年6月、はすみさんと投稿をリツイートした男性2人を相手取り、提訴した。これに対し、はすみさんは「イラストの女性はアニメのキャラクターがモデルで伊藤さんと決めることはできない」などと主張していた。


 判決では、イラストが「原告と同定することが容易に可能である」と指摘。「虚偽の事実を述べる人物であるなどとの印象を一般の読者に与えるもの」と伊藤さんの主張を認め、「社会通念上許容される限度を超えた侮辱行為」として、はすみさんに損害賠償の支払いを命じた。


 今回の判決で注目されたのが、リツイートした人物にも支払いが命じられた点だ。


 はすみ氏のツイッターアカウントは現在、凍結されているが、イラストはリツイートされ、さらに拡散され、今もネット上で見ることができる。


 伊藤さんは会見で、こう言った。


「ポスターが貼られていたら、それをはがせば済みます。だけども、ネットの世界ではそれができない。どんどん拡散され、残っていきます」


 そして、こう話した。


「リツイートはすごく簡単にできる行為かもしれないけど、ポスターを貼るよりもメガホンで叫ぶよりも、ものすごく当事者にとっては強烈な行為であり、回収することもできずに言葉が残ってしまいます。発信する一人一人に、責任と認識を持っていただきたいと思いました」



 伊藤さんは今回の裁判は自分一人の問題ではないと考えてきたという。


「性犯罪被害者は日本の法律では救われることが少なく、被害者は本当に声を上げづらい状況です。私はそれを変えたいのに、自分が再生産しているのではないかと心配してました。ほら、この人みたいにこんな話をしたらこんな目に遭うのよ、と。そういうことにしたくなかったので、今回の判決は、どんな金額であっても、一つの大きな一歩だと考えています」


 今も伊藤さんはネットを見るのが怖く、メールを開くこともできないため、アシスタントに対応してもらっているという。コミュニケーションを仕事とする者にとって本当につらい状況だ、と話す。


 伊藤さんは会見の最後、こう訴えた。


「誹謗(ひぼう)中傷の話になると、表現の自由という声も聞こえてきます。だけど、私の表現の自由も奪われてしまっています。誰の自由を守っているのかということも、一緒に考えていただきたいと思います」


(編集部・野村昌二)


※AERAオンライン限定記事


このニュースに関するつぶやき

  • やったぁ"(ノ*>∀<)ノexclamation ��2ざまぁないね〜!はすみとしこ氏と一緒になってSNSで吠えた連中も同罪です。公式に謝罪すべきです
    • イイネ!13
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

ニュース設定