元ルノーF1代表がついにタトゥーを入れる。表彰台獲得の賭けに勝ったリカルドがSNSでその様子を公開

0

2021年12月01日 05:50  AUTOSPORT web

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AUTOSPORT web

写真2020年F1第11戦アイフェルGP 3位に入賞したダニエル・リカルド(左から2番目)とマネージングディレクターのシリル・アビテブール(真ん中)
2020年F1第11戦アイフェルGP 3位に入賞したダニエル・リカルド(左から2番目)とマネージングディレクターのシリル・アビテブール(真ん中)
 何カ月にもおよぶサスペンスと期待に耐えた元ルノーF1のマネージングディレクター、シリル・アビテブールは、ダニエル・リカルドとの賭けを認めタトゥーを入れることになった。

 2020年にふたりは、リカルドがルノーにトップ3フィニッシュをもたらしたら、アビテブールがタトゥーを入れるという賭けをした。審判の日はニュルブルクリンクで第11戦アイフェルGPが開催された10月11日となった。リカルドはルイス・ハミルトン(メルセデス)とマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)についで3位フィニッシュを飾ったのだ。

 ルノーからマクラーレンに移籍したリカルドは、今年初めに賭けはまだ有効なのかどうか尋ねられた。確かに賭けは有効であり、リカルドは何としてもアビテブールに会って約束を実行させようとした。

 そして11月29日、今年のイタリアGP勝者でもあるリカルドは、インスタグラムにアビテブールがタトゥーを入れている様子を投稿した。

「賭けは賭けだ。水曜日にビデオを投稿するよ」とリカルドは書いている。

 そういうわけで辛抱強く待つことだ。

    ランキングスポーツ

    前日のランキングへ

    ニュース設定