『呪術廻戦』TVerで無料配信!虎杖悠仁と伏黒 恵の出会い& MAPPAによる映像美に注目

1

2021年12月01日 08:11  テレビドガッチ

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

テレビドガッチ

映画『劇場版 呪術廻戦 0』が12月24日(金)より全国公開されることを記念して、民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」ほかにてTVアニメシリーズ『呪術廻戦』(MBS)が全話無料配信されることが決定。12月1日(水)より毎日1話ずつ配信されている。

『呪術廻戦』は、「週刊少年ジャンプ」(集英社刊)にて連載中の芥見下々による同名コミックが原作で、12月25日(土)発売の18巻でシリーズ累計発行部数6000万部を突破する人気作品。“呪い”がテーマとなっており、人間の負の感情から生まれた“呪霊”と、それを祓うために立ち向かう“呪術師”との戦いを描いた物語。今回、TVer公式Twitter(@TVer_official)が無料配信決定の知らせをツイートした際には「やったぁ」「さすが俺たちのTVer」と盛り上がりを見せている。

本作の魅力は、なんと言っても“呪い”をテーマにした斬新なストーリーと個性あふれるキャラクターたち。特級呪物「両面宿儺の指」を飲み込んだことから自身の魂に呪いを宿し呪術師として戦うことになる虎杖悠仁。主人公である彼が最初から「死刑」を告げられたように、いい意味で視聴者の期待を裏切る怒涛の展開が、多くの人の心を掴む要因となっている。また、死に際の祖父に言われた「オマエは強いから人を助けろ」という台詞が呪術師として戦うこととなる虎杖の行動原理となるように、心に残る名言も多数登場する。

制作会社MAPPAによる美麗なアニメーションも大きな魅力。『「進撃の巨人」 The Final Season』や『ユーリ!!! on ICE』など、これまで制作してきたアニメでも度々“映像美”が話題となっており、今最もアニメファンが信頼を寄せる制作会社なのではないだろうか。アクション、ファンタジー、スポーツなど様々なジャンルを手掛けてきたからこそ、この『呪術廻戦』でも疾走感あるバトルシーンなどでハイクオリティーなアニメーション技術が発揮されている。

配信中の第1話「両面宿儺」は、主人公・虎杖悠仁(CV:榎木淳弥)が「死刑」を告げられるという衝撃の展開からスタート。虎杖は並みはずれた身体能力を持っているものの、普通の日常を過ごしていた高校生。入院中の祖父のお見舞いに行きやすいように拘束時間のゆるい「心霊現象研究会」に所属していたが、祖父が死んだ夜、「呪術高等専門学校」一年生の伏黒 恵(CV:内田雄馬)と出会う。彼は、虎杖の持つ“呪物”を回収しに来たというが、ちょうどその“呪物”は虎杖の学友らによって封印が解かれていた。“呪物”が引き寄せた化け物に襲われる学友らを救うため、虎杖と伏黒が駆けつけるのだが……。

なお『劇場版 呪術廻戦 0』は、『呪術廻戦』の前日譚「呪術廻戦 0 東京都立呪術高等専門学校」が原作となっており、呪術高専に編入した乙骨憂太(CV:緒方恵美)が、怨霊となり自らに憑いた幼馴染の呪いを解くために呪術師として歩み出す姿が描かれる。

    オススメゲーム

    ニュース設定