コナン新作映画『ハロウィンの花嫁』来年4・15公開 ビジュアルも解禁

132

2021年12月01日 10:08  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真来年4月15日に公開が決定した『劇場版「名探偵コナンハロウィンの花嫁」』 (C)2022 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会
来年4月15日に公開が決定した『劇場版「名探偵コナンハロウィンの花嫁」』 (C)2022 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会
 劇場版『名探偵コナン』シリーズ25作目のタイトルが『劇場版「名探偵コナンハロウィンの花嫁」』に決定し、2022年4月15日より公開されることが12月1日、発表された。

【写真】殉職した“警察学校組”も登場だと…意味深な「コナン」新イラスト

 原作者・青山剛昌氏によるコミックスが遂に記念すべき100巻に到達(累計発行部数は全世界2.5億部を突破)、TVアニメシリーズも放送1000回を突破するなど、ますます勢いを増している『名探偵コナン』。1年の公開延期を経て、今年4月に公開となった劇場版24作目『名探偵コナン 緋色の弾丸』も驚異の大ヒットを記録。その人気はとどまることなく世界中で愛される作品として不動の地位を築きあげた劇場版シリーズの最新作が来年もやってくる。

 最新作となる劇場版第25弾のタイトルは『名探偵コナン ハロウィンの花嫁(はなよめ)』に決定。2022年4月15日全国東宝系にて公開されることが解禁となった。今作の舞台となるのはハロウィンで賑わう“渋谷”。渋谷ヒカリエでとある結婚式が執り行われており、そこにはウェディングドレスに身を包んだ、警視庁捜査一課強行犯三係の佐藤美和子刑事の姿が。するとそこに突如暴漢が乱入し、佐藤を守ろうとした同じく警視庁捜査一課強行犯三係の高木渉刑事がケガを負ってしまう。

 時を同じくして、降谷零(警察庁警備局警備企画課所属=降谷零、黒ずくめの組織=バーボン、探偵=安室透のトリプルフェイス)の警視庁警察学校鬼塚教場での同期であり、かつて佐藤が想いを寄せていた松田陣平刑事が殉職した3年前の連続爆破事件の犯人が脱獄。松田刑事の因縁の相手を追い詰めることに成功した降谷だったが、突如現れた謎の仮装の人物によって降谷の首に首輪爆弾をつけられてしまう事態に。降谷から、3年前に“渋谷”で正体不明の仮装爆弾犯「プラーミャ」との間で起こった事件について聞いたコナンは、降谷の首に巻き付いた爆弾解除の為に奔走するが、不穏な影に狙われることとなり、未曽有の大事件が起こってしまう。

 今作でポイントとなるのは、先日解禁され大きく話題となった「ハロウィンビジュアル」の舞台であった“渋谷”と、描かれていた“警察学校組”こと、警視庁警察学校鬼塚教場同期であった降谷零(安室透)・松田陣平、萩原研二(警視庁警備部機動隊爆発物処理班/殉職)、諸伏(もろふし)景光(ひろみつ)(警視庁公安部所属/降谷の親友で黒ずくめの組織潜入時はスコッチと名乗っていた/殉職)、伊達航(警視庁刑事部捜査一課強行犯三係/殉職)の5人。

 きょう1日解禁となった青山剛昌先生直筆のティザービジュアルにも5人の姿が描かれている。さらに、幸せそうに見つめあう、ウェディングドレス姿の佐藤刑事とタキシード姿の高木刑事の姿も。「永遠の愛、誓ってもいいよね?」というコピーには、佐藤刑事のどんな想いが込められているのか。警視庁内でも有名な佐藤・高木カップルの恋愛模様はどんな進展を迎えるのか、目が離せない。

 降谷以外の警察学校組メンバーは既に殉職しているという状況の中、どのようにストーリーに関わってくるのか(!?)コナンは無事に降谷の首に巻かれている爆弾を解除し、混沌と化する渋谷の街を守ることが出来るのか(!?)

このニュースに関するつぶやき

  • ヒカリエで結婚式って出来たっけ?by渋谷ヒカリエオープニングスタッフだった人間
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • まだ、一年たっていない、設定なのに、また映画?
    • イイネ!14
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(57件)

ランキングゲーム・アニメ

前日のランキングへ

オススメゲーム

ニュース設定