【福袋2022】タリーズ、干支ミニテディは“ホワイトタイガー”に変身

1

2021年12月01日 10:15  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真タリーズの『2022 HAPPY BAG』が12月3日より予約開始(写真は「4
タリーズの『2022 HAPPY BAG』が12月3日より予約開始(写真は「4
 タリーズコーヒーは、3日より福袋『2022 HAPPY BAG』の予約を開始する。“Coffee Makes You Happy”をテーマに、年末年始をコーヒーとともにゆっくりと過ごしてほしいという気持ちを込めたアイテムが詰められている。毎年福袋でしか味わえない限定ビーンズやグッズとドリンクチケットを一袋にした同商品。今年の気になる中身とは。

【画像】バイカラーがかわいいバッグに寅コスのテディベア

 福袋になっているトートバッグの作りも魅力の同社。バッグはアパレルブランドの「オンワード」とのコラボレーションで、持ち手と開け口のラインにアクセントカラーを取り入れたデザインに。4000円(税込、以下同)の福袋は、上質な光沢感のある「ポリエルテルオックスフォード」生地を採用。カラーも、“サックス×オレンジ”と“グレージュ×マゼンダ”と2種を用意し、幅広いシーンで使えるスタイリッシュなデザインだ。

 コレクターアイテムとしても人気の高い「干支ミニテディ」も3種類がラインナップ。寅年にちなみに、キャップスタイルの「ホワイトタイガー」など個性豊かな3体のうち、いずれか1種が封入される。

 6600円のオリジナルトートバッグは、モスグリーンとチョコブランのバイカラーで、ビジネスシーンにも使えるシックなデザイン。真空二重構造のステンレスタンブラーや、ひざ掛け以外にも様々な用途が楽しめるキルティングマルチケットが詰められている。

 さらに、1万円のオリジナルペーパーバッグには、限定ビーンズ5種、シックでスタイリッシュなデザインとフォルムのステンレスボトル、衝撃にも強いトライタンサーバー(500ml)と、豪華な内容となっている。

 年内の商品受け取りには予約が必要(上限5個まで)で、受け取りは、22日から31日まで。店頭での販売は、2022年1月1日より実施する。完売の際や取り扱いのない店舗もあり。また、店頭販売以外に、オンラインストア数量限定の「10,000円バッグ」「5,000円セット(2種)」も、22日11時より先着販売する。

このニュースに関するつぶやき

  • もう師走かぁ
    • イイネ!11
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

ニュース設定