『義母と娘のブルース』全話一挙放送、完全新作につながる2020年SPドラマも再び

0

2021年12月01日 11:00  ドワンゴジェイピーnews

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ドワンゴジェイピーnews

写真写真

TBSでは、2018年に放送した連続ドラマ『義母と娘のブルース』と、2020年の正月に放送した『義母と娘のブルース 2020年謹賀新年スペシャル』を一挙再放送。2022年1月2日(日)よる9時からお届けする『義母と娘のブルース 2022年謹賀新年スペシャル』に先駆け、12月31日(金)と1月2日(日)に放送する(※一部地域を除く)。




『義母と娘のブルース』は、桜沢鈴による4コマ漫画『義母と娘のブルース』(ぶんか社刊)が原作。主人公のキャリアウーマンが8歳の娘を持つ男性に突然プロポーズされ結婚、畑違いの家事やママ友の世界に足を踏み入れ、娘の母親になろうと一生懸命に奔走、家族と過ごす日々を描いた10年間の物語。義母と娘、そして娘の実父という3つのコードがブルース(※)を奏でるかのように、愛すべきキャラクターたちが繰り広げる少しおかしな日常。そしてその合間にピリッとした孤独が垣間見え、笑って泣けると幅広い層から高い評価を得た。


そして、『義母と娘のブルース 2020年謹賀新年スペシャル』では、主演の綾瀬はるかをはじめ、佐藤健上白石萌歌井之脇海浅利陽介浅野和之麻生祐未ら連続ドラマのレギュラーキャストが顔を揃え、連続ドラマの1年後の物語をオリジナルストーリーで放送した。また、連続ドラマの劇中で病気で亡くなった亜希子の夫・宮本良一を演じた竹野内豊が出演し話題をさらった。


年末年始は、連続ドラマ『義母と娘のブルース』と『義母と娘のブルース 2020年謹賀新年スペシャル』の笑って泣ける数々の名シーンを振り返り、1月2日よる9時からの完全新作『義母と娘のブルース 2022年謹賀新年スペシャル』に備えよう。


なお、今回のスペシャルは2020年のスペシャルのラストの直後から物語が始まる。今作も綾瀬をはじめ、連続ドラマのレギュラーキャストが再集結し、義母と娘と2人を支える人たちの新たな物語をお届けする。『ぎぼむす』ファンはもとより、初めてご覧になる方にも楽しんでいただける内容だ。年年末年始はテレビの前で『ぎぼむす』を堪能してみてはいかがだろうか。



※「ブルース」とは…
19世紀後半に米国深南部の農場などで働く黒人が労働歌として歌い出したとされる。基本的に3つのコードしか使わない簡単な構成で、3連符やその真ん中の音を抜いた「シャッフル」と言われるリズムが特徴。一般的には日常の幸せや憂いを1コーラス12小節に乗せて歌う。(朝日新聞掲載「キーワード」より


■『「義母と娘のブルース」全話一挙放送SP』
12月31日(金)
午前8:55〜11:50
午後12:00〜4:30

1月2日(日)
午前8:00〜11:50
午後12:00〜3:00
(※いずれも一部地域を除く)

【出演者】
綾瀬はるか、竹野内豊、佐藤健、上白石萌歌、井之脇海、宇梶剛士、浅野和之、麻生祐未

(C)TBS

    ニュース設定