稲垣吾郎と“業ム友”「業務田スー子」に聞く 業務用スーパー活用法

179

2021年12月01日 16:00  AERA dot.

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AERA dot.

写真※写真はイメージです (GettyImages)
※写真はイメージです (GettyImages)
 緑の下地に白抜き文字で書かれた「業務スーパー」の看板。業務用? いやいや。業務とありながら一般にも向けた激安スーパーで、「業務スーパー」という店名だ。全国に900超の店舗、25の自社工場がある。


 ちなみに、利用者の多くは、業務スーパーを略して「業スー」と呼ぶらしい。そんな業スー愛が強すぎるあまり、自ら「非公認大使」と名乗り、魅力をメディアで熱く語る主婦がいる。


 千葉県在住の「業務田スー子」さん。俳優の稲垣吾郎さんのラジオ番組にゲスト出演したときのことをこう話す。


「稲垣吾郎さんは、デパ地下で1本300円の焼き鳥を買っているとおっしゃっていたので、『業スーなら1本20円で買えますよ』と伝えたら驚いていました。『収録が終わったらスー子さんとそのまま業務スーパーにロケに行きたい』って(笑)。吾郎さんからは『業ム友』って言っていただきました」


 業スーの魅力は何か。スー子さんがこう語る。「冷凍食品に特化していてとにかく品数が多い。しかも冷凍チャーハンとかではなく、揚げたり湯通ししたりした調理済みの野菜。それがいつ行っても安いから驚きました」


 下処理済みの冷凍野菜は料理の時短になるので、高齢者や働く主婦にも便利だ。


「オクラのひげもとってあり、玉ねぎはあめ色に炒められている。冷凍とろろもみじん切り玉ねぎも料理にすぐに使えて便利。みそ汁のホウレンソウ、肉じゃがの仕上げに入れるインゲンだって冷凍ものを使えば超楽、超時短です」


 魅力は冷凍食品だけではない。スー子さんは「鶏肉」も推す。


「運営する神戸物産(本社・兵庫県)は養鶏場を持っています。ビタミンEが豊富な飼料で、ヒナからこだわって育てた健康鶏。さばいたばかりの新鮮な鶏肉が店頭に並んでいるんです」


 これからの季節を考えると鍋だが、もちろん材料は業スーでそろう。


「鍋の素は一つ100円程度で種類も豊富。豆腐は20〜30円。うどんも20円ぐらい。これに冷凍白菜に冷凍しいたけ、冷凍肉団子(1粒換算で5円ぐらい)を買っても千円かかりません。冷凍しいたけは石づきもとってあるし、骨とり済みの冷凍の魚もあります。高齢者にも安心だと思います」



 高齢者には業スーのパッケージは、大きすぎないだろうか。


「最近は少量パッケージのものも多く出てきました。高齢者は使いきりのものを選ぶのが良いと思います。ひじきなどは1袋55円とかで売られています。干ししいたけも300円ぐらいです」


 食べられる量、冷蔵庫に入る量というのが一つの目安になるようだ。続けてこうアドバイスする。


「高齢者はまずは冷凍食品からデビューしていただきたいですね。下処理済みの野菜ならゴミも少なくてストレスも減ります。ホウレンソウの根っことかニンジンのヘタをとる必要もないですから。冷凍なので、食べきれるサイズを都度使えばいいです。お財布にも地球にも優しい。高齢者の心にもいいですよね」


 スー子さんの業スー活用法を聞いた。


「私の場合は、とりあえず店舗に入ったらぐるりと1周し、最後に冷凍食品に行きます。1回の買い物で30分ぐらいかかり、新しい食品との出合いを楽しみます。輸入菓子など目新しいものがあったら迷わず買います。なぜなら、次にないときも多いからです。『買おうかな』と思ったら迷わず買いです。安さの秘訣(ひけつ)は大量仕入れゆえ。次の入荷がいつかも不明ですから」


(本誌・大崎百紀)

※週刊朝日  2021年12月10日号より抜粋



【おすすめ記事】期限切れのコンビニ弁当、トイレはマンホール…「あいりん地区」の“年の瀬”に迫る!


このニュースに関するつぶやき

  • アボガドとワッフル買ってます
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • いや多分、稲垣さんのデパ地下で1本300円の焼き鳥と、業スーの1本20円の焼き鳥は全くの別物だと思います
    • イイネ!114
    • コメント 6件

つぶやき一覧へ(111件)

前日のランキングへ

ニュース設定