AWS、ノーコード機械学習サービス「Amazon SageMaker Canvas」提供開始

0

2021年12月01日 17:02  ITmedia NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ITmedia NEWS

写真

 米Amazon.com傘下のAWSは11月30日(現地時間)、ラスベガスで開催中の年次イベント「AWS re:Invent 2021」で、ノーコードで使える新機械学習サービス「Amazon SageMaker Canvas」を発表した。エンジニアではないビジネスユーザーがコードを記述せずに機械学習モデルを構築できるツールだ。



【その他の画像】



 2019年のre:Inventで発表した機械学習のための統合開発環境「Amazon SageMaker Studio」と同じテクノロジーを利用する。



 ユーザーはトレーニング用のデータセットを用意する必要があるが、データはスプレッドシートとしてアップロードしたり、社内データからインポートしたりできる。



 SageMaker Canvasは、与えられた複数のデータを自動的にクリーンアップして結合し、数百のモデルを作成する。作成したモデルはSageMakerにインポートすることも可能だ。



 AWSはSageMaker Canvasのユースケースとして、売上予測や在庫の最適化、詐欺の検出などを挙げた。



 SageMaker Canvasはまずは米国東部(オハイオ)、米国東部(北バージニア)、米国西部(オレゴン)、ヨーロッパ(フランクフルト)、およびヨーロッパ(アイルランド)で提供を開始した。


    ニュース設定