『ファンタビ』最新作、2022年4月8日に日本公開!邦題は『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』

36

2021年12月01日 19:13  cinemacafe.net

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

cinemacafe.net

写真『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』キックオフイベント
『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』キックオフイベント
ワーナー ブラザース ジャパン合同会社は12月1日、『ファンタスティック・ビースト』シリーズ第3弾にあたる最新作『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を2022年4月8日(金)に日本公開すると正式発表した。

同日、魔法ワールドをモチーフにした高さ約9メートルのクリスマスツリー「ホグワーツの魔法の樹」が展示されている東京・丸ビル1階マルキューブでキックオフイベントが行われ、主人公の魔法動物学者ニュートの吹替声優を務める宮野真守、『ハリー・ポッター』シリーズの大ファンだと言うタレントの河北麻友子が登場した。

宮野さんは「また、ワクワクする時間が始まるんですね!」と期待感。タイトルの正式発表には「あの人、秘密持ちすぎ(笑)。きっとすごい秘密が描かれているはず」と笑みを浮かべ、アメリカよりも早く日本公開されることについては「こういう状況ですけど、日本への深い愛情を感じますね。同時に日本での(人気や存在の)大きさも感じます」と喜びの声。河北さんも「日本にいて良かった」とうれしさに声を弾ませていた。

この日は『ハリー・ポッターと賢者の石』の日本公開日(2001年12月1日)からちょうど20周年を迎えた記念すべき日でもあり、『ハリー・ポッター』シリーズでパーシー・ウィーズリーの吹替声優を担当していた宮野さんは「当時18歳くらいで、声優の仕事は駆け出し。制服姿でアフレコに行っていた」としみじみ。「参加させていただくと、よりファンになってしまう」と魔法ワールドの魅力を語った。

ちなみに好きな魔法動物は「ボウトラックルのピケット。相棒感があっていいですね。ニュートには欠かせない存在」(宮野さん)、「やっぱりニフラーですね。可愛すぎる。でも、ちょっといたずらっ子な部分もあって、キュンとする」(河北さん)と『ファンタビ』談義に花を咲かせた。

イベントでは『ファンタスティック・ビースト』シリーズすべてのメガホンをとっているデイビッド・イェーツ監督から日本のファンに向けたメッセージ映像も到着した。

【デイビッド・イェーツ監督からのメッセージ】
今夜は『ハリー・ポッター』魔法ワールド最新作映画『ファンタスティック・ビースト』のイベントにお集まりいただきありがとうございます。私もみなさんと一緒にお祝いできたらよかったのですが、魔法はいつでもあなたの側にあります。今夜はみなさんと共有できるこの時間を非常にうれしく思っています。ここでみなさんに一番に発表したいことがあります。最新作のタイトルは『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』です。4月8日から劇場で上映されます! 魔法ワールドの最大の秘密、ダンブルドアの謎が明らかになります。ぜひ映画館でお確かめください! みなさん、楽しいクリスマス、そして良い年をお迎えください。

2018年11月に劇場公開され、興行収入65.7億円、観客動員473万人突破の大ヒットを記録した『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』に続くシリーズ最新作。コロナ禍での撮影延期に加えて、“黒い魔法使い”ことゲラート・グリンデルバルドを演じたジョニー・デップの降板、マッツ・ミケルセンの代役出演などを経て、ついに『ファンタスティック・ビースト』最新作が始動する。

魔法動物を愛するシャイでおっちょこちょいな魔法使いニュート(エディ・レッドメイン)が、魔法界最強のダンブルドア先生(ジュード・ロウ)や魔法使いの仲間たち、そしてマグルとの寄せ集めチームを結成し、グリンデルバルドに立ち向かう。そして明かされるダンブルドア先生に隠された、魔法ワールド最大の“秘密”とは?

『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』は2022年4月8日(金)から全国で公開。



(text:cinemacafe.net)

このニュースに関するつぶやき

  • おー。つい昨日、続編出ないのかなー?って思ってたとこだったんだよね。たーのーしーみー。
    • イイネ!1
    • コメント 0件
  • ダンブルドアが絡むのはズルいよな、絶対に見たくなるもんw
    • イイネ!12
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(13件)

ニュース設定