『忍たま乱太郎』放送30年目へ、原作者・尼子騒兵衛「本当の忍者の姿を追って走り続けてきた」

66

2021年12月01日 22:31  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真2022年春からアニメ『忍たま乱太郎』第30シリーズの放送が決定。放送30年記念ティザービジュアル(左)と原作者の 尼子騒兵衛(C)尼子騒兵衛/ NHK ・ NEP
2022年春からアニメ『忍たま乱太郎』第30シリーズの放送が決定。放送30年記念ティザービジュアル(左)と原作者の 尼子騒兵衛(C)尼子騒兵衛/ NHK ・ NEP
 NHK・Eテレで第29シリーズを放送中のアニメ『忍たま乱太郎』。来年(2022年)春より新シリーズの放送が決定し、放送30年を迎える記念ティザービジュアルと「忍たま30」のロゴとともに、特設サイトがオープン。原作者の尼子騒兵衛(あまこ・そうべえ)は「まさかまさかの30シリーズ」と感慨もひとしおだ。

【画像】乱太郎の顔に「30」をあしらった記念ロゴ

 1993年に放送が始まり、来年で放送開始から30年目に突入する。この“忍たま 30”アニバーサリーを機会に、往年のファンのため、これから『忍たま』と出会う人のため、さまざまな企画を計画中。

 これに先駆けて制作されたティザービジュアルと記念ロゴは、キャラクターデザインの新山恵美子による描き下ろし。ティザービジュアルには、忍術学園の門前で、入学前の乱太郎、きり丸、しんべヱが初めて出会った時が描かれ、3人の表情が印象的。記念ロゴは、乱太郎の顔に「30」をあしらったデザインとなっている。

■原作者・尼子騒兵衛のコメント(全文)

 30シリーズ。まさかまさかの30シリーズ。放送が始まった頃、友人と「親子で見れるようになればいいね」と話をして笑い合ったものです。そして、今、その友人から「孫と一緒に見ているよ」という手紙をもらいます。乱太郎たちの事を「親孝行な息子たち」と言っていたのが、今や「孝行者の孫たち」になっていたのでした。

 ギャグ漫画だけど、本当の忍者の姿を追って走り続けてきたように思います。時代劇ではあるけれど、なじみのある“江戸時代劇”ではない時代、日本的な文化が花開いた時代“室町時代”のパワー、それを描いてくださるスタッフの皆様の努力、そして今や“永遠の名曲”と呼ばれる主題歌「勇気100%」。それらが見てくださる皆様の心を明るく楽しくすることができる、できているのであれば、ギャグ漫画家としては本望なのであります。これからも、いつも前向きで元気で未来に希望を持って生きている乱太郎たちにそのパワーで笑顔の花を咲かせていってもらいたいと願っております。

■「忍たま30」特設サイト
https://www.nhk character.com/character/nintama_30th/

このニュースに関するつぶやき

  • 記憶違いだったらスマンが原作?原案の方って失くなってなかった?
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • もう30年も、放送しているのか
    • イイネ!24
    • コメント 2件

つぶやき一覧へ(35件)

オススメゲーム

ニュース設定