チェルシー、マンCが白星…リヴァプールはダービー快勝/プレミア第14節

0

2021年12月02日 10:10  サッカーキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

サッカーキング

写真プレミアリーグ第14節が各地で開催された [写真]=Getty Images
プレミアリーグ第14節が各地で開催された [写真]=Getty Images
 プレミアリーグ第14節が12月1日に各地で開催された。

 チェルシーとワトフォードによる一戦は、13分にスタンドにいた観客にアクシデントが発生したことで治療のため、選手たちは一旦ドレッシングルームへと引き上げ、約30分間中断を余儀なくされる事態となった。その後試合は再開され、29分にメイソン・マウントが先制点を挙げると、43分に追いつかれたものの、72分にマウントの折り返しをハキム・ツィエクが決めて、2−1で勝利。公式戦12試合負けなしで、リーグ首位をキープした。

 マンチェスター・Cはアウェイでアストン・ヴィラと対戦。27分にルベン・ディアスのゴールで先制すると、43分にはカウンターからベルナルド・シウヴァのボレー弾でリードを2点に広げる。後半開始早々にCKから失点したものの、このまま逃げ切り、2−1で勝利。公式戦6連勝を飾った。

 リヴァプールとエヴァートンによる“マージーサイド・ダービー”は、9分にジョーダン・ヘンダーソンのゴールでリヴァプールが先制すると、19分にはモハメド・サラーが追加点を挙げる。38分にはデマレイ・グレイのゴールでエヴァートンが1点を返したものの、後半にサラーとディオゴ・ジョッタのゴールでリードを広げたリヴァプールが4−1で快勝した。

 そのほか、ウェストハムはホームでブライトンと1−1のドロー。サウサンプトンとレスターの一戦も2−2の引き分けに終わった。なお、同試合でも観客にアクシデントが発生したことで治療のため、後半開始が約5分遅れる事態となった。

 これまでに行われた第14節の試合結果と今節の残りの対戦カード、暫定順位表は以下の通り。なお、次節は4〜6日にかけて各地で開催される。

■試合結果
▼11月30日
ニューカッスル 1−1 ノリッジ
リーズ 1−0 クリスタル・パレス

▼12月1日
サウサンプトン 2−2 レスター
ワトフォード 1−2 チェルシー
ウェストハム 1−1 ブライトン
ウルヴァーハンプトン 0−0 バーンリー
アストン・ヴィラ 1−2 マンチェスター・C
エヴァートン 1−4 リヴァプール

▼2日
トッテナム vs ブレントフォード
マンチェスター・U vs アーセナル

■順位表
※()内は勝ち点/得失点差
1位 チェルシー(33/+27)
2位 マンチェスター・C(32/+21)
3位 リヴァプール(31/+31)
4位 ウェストハム(24/+8)
5位 アーセナル(23/−2)※1試合未消化
6位 ウルヴァーハンプトン(21/0)
7位 ブライトン(19/−2)
8位 レスター(19/−3)
9位 トッテナム(19/−6)※2試合未消化
10位 マンチェスター・U(18/−1)※1試合未消化
11位 ブレントフォード(16/0)※1試合未消化
12位 クリスタル・パレス(16/−1)
13位 アストン・ヴィラ(16/−4)
14位 エヴァートン(15/−7)
15位 リーズ(15/−7)
16位 サウサンプトン(15/−7)
17位 ワトフォード(13/−7)
18位 バーンリー(10/−6)※1試合未消化
19位 ノリッジ(10/−20)
20位 ニューカッスル(7/−14)
    ニュース設定