貴島明日香が恋愛ゲームにハマり中。いつもは優柔不断な性格が不思議とキャラ変する!?

0

2021年12月02日 10:41  webスポルティーバ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

webスポルティーバ

写真写真





貴島明日香のeたい放題 Vol.2

感情移入しすぎてしまう恋愛シミュレーションゲーム

 みなさんこんにちは、貴島明日香です。前回の「貴島明日香のeたい放題」から2ヶ月ほど経ちましたが、この間に『コール オブ デューティ(CoD)』や『ファークライ』シリーズの新作が発売されました。FPS(一人称視点のガンシューティングゲーム)好きとしては、どれも注目の作品です。

 なかでも気になっているのは『Back 4 Blood(バックフォーブラッド)』というゲームで、これは対戦もできますが、メインのモードではみんなで協力してたくさんのゾンビと戦うFPSです。前回お話しした『Apex Legends(エーペックスレジェンズ)※』では前線に出がちな私ですが、協力系のゲームでは後方から味方を援護するプレースタイルが好きなので、同じFPSでも違ったスタイルで楽しめるんですよね。早くプレーしたいんですが、中途半端になってしまうのが嫌なので、まとまった時間が取れるまでは我慢しています。
※3人がチームとなって対戦する今話題のバトルロイヤルゲーム

 最近はちょっとした時間を利用しながらNintendo Switchで『ときめきメモリアル Girl's Side 4th Heart(ガールズサイドフォースハート)』を遊んでいます。せっかくなので、今回はストーリーを楽しむタイプのゲームの遊び方について語ってみようと思います。

『ときめきメモリアル Girl's Side 4th Heart』は主人公の女性になって、登場する男性キャラクターと仲よくなっていく過程を楽しむゲームです。実は主人公が女性の恋愛シミュレーションゲームは初めてやるんです。以前はよく男性の主人公として女の子を攻略するゲームを遊んでいました(笑)。




 恋愛シミュレーションゲームをやり始めたきっかけは覚えていないんですが、ちゃんと主人公に自分の名前をつけて没入して楽しんでいた思い出があります。私は妹がいるからか、年下のキャラクターを「妹みたいでかわいいな」ってよく攻略していました。

 こういうゲームって攻略できるキャラクターが魅力的なのはもちろんですが、どんな行動や話題を選ぶかによって相手の好感度が変化していって、いろんなストーリーへと分岐していくのが楽しいんです。この選択肢の多さが、難しさにもつながっていくんです。

 恋愛シミュレーションに限らず、自分の選択によって結末が変わるゲームは、ゲーマー心をくすぐられますよね。1回1回の選択が持つ意味が大きいので大事に選択しますし、思わず感情移入しすぎてしまいます。

「攻略したい相手のために(好みの服を)着てあげるんです」

 時間を巻き戻せる能力を持った主人公の物語が描かれる『Life is Strange(ライフイズストレンジ)』では、自分の選択ひとつで主人公やその友達の人生が大きく変わってしまうんです。これはプレーしながら「自分があの場面で違う選択をしたらよかったのかな......」と落ち込むくらい、ハマったゲームのひとつですね。

 でも、そういうゲームだからこそ、エンディングまでの最初の1周は絶対にやり直しをせず、セーブデータは1個だけで思うがままに選択していくのが私なりのルールです。攻略したい子との関係がうまくいかなかったり、事件の結末が思ったようにならなくても、それが自分の選んだことですから受け入れないといけません。2周目以降はいろんなエンディングを見たいので、やり直しもしますよ。

 実は私、ふだんは優柔不断なタイプです。でもゲームだと時間制限があるおかげか、不思議と重大なことも決断できてしまうんです。私は王道というか、物語上自然な選択肢を選びがちなんですが、なかには明らかに「こっちを選んだらよくない結末になりそう」な選択肢をあえてチョイスする勇気がある人もいますよね。そういう、自分では通らないストーリーを味わうためにゲーム実況動画を見たり、同じゲームを遊んだ人とストーリーの違いを語り合ったりするのも楽しみのひとつです。

 選ぶと言えば、「ときめきメモリアル Girl's Sideシリーズ」では主人公の服装を相手の好みに寄せて好感度を高める、なんてこともできるんです。「これはちょっと好きじゃないな〜」と思うファッションでも、攻略したい相手のために着てあげるんですよ。現実ではさすがにそこまではしないですけど......。でも、好きな色くらいはファッションに取り入れてあげるかもしれませんね(笑)。

 私自身、ストーリー系のゲーム動画や配信を見て、一緒にプレーした気持ちになるのが好きなので、自分でも配信をやってみたいんですよね。エンディングまでとなると結構長いので最後まで楽しくお見せできるか不安もあるので、果たして実現するのか......。今後の配信に注目してみてください!


【Profile】
貴島明日香(きじま・あすか)
1996年2月15日生まれ、兵庫県出身。non-no 専属モデル。日本テレビ「ZIP!」毎週月曜〜金曜のお天気キャスター。モデルとしてTVや雑誌などで活躍する傍ら、ゲーム好きを生かして、ゲーム番組、ゲーム大会、イベント等にも出演。2020年、OPENREC.tvで生配信番組「貴島明日香のげーむちゃんねる」をスタート。さらにYouTubeチャンネル「あすかさんち。」も開設した。
YouTubeチャンネル「あすかさんち。」>>
OPENREC.tv「貴島明日香のげーむちゃんねる」>>
Twitter>>
Instagram>>


    ニュース設定