日本HP、視線や瞳孔サイズなどもスキャンできる開発者/企業向けVRヘッドセットソリューションを発表

0

2021年12月02日 14:52  ITmedia PC USER

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ITmedia PC USER

写真HP Reverb G2 Omnicept Edition
HP Reverb G2 Omnicept Edition

 日本HPは12月2日、同社製インテリジェントVRヘッドセット「HP Reverb G2 Omnicept Edition」と開発者向けソフトウェア開発者キットを統合したソリューション「HP Omnicept Solution」の発表を行った。提供開始時期は2021年末の予定だ。



【その他の画像】



 HP Reverb G2 Omnicept Editionは同社製のハイエンドVR HMDで、顔の筋肉の動き(表情)や視線の動き、瞳孔の大きさ、心拍数の測定に対応した最先端のセンサーシステムを搭載。ソフトウェア開発者キットの「HP Omnicept SDK」を用いることでヘッドセットからのデータを機械学習モデルを活用して解析し、VR体験による生理反応データを得ることが可能になる。



 また視線の中心の画質を重点的に向上させつつ周辺視野の画質を落とすことでGPU負荷を軽減できる「フォービエイテッドレンダリング」機能の利用も可能だ(同機能の利用はNVIDIA VR Ready QuadroまたはGeForce TuringベースのGPUが必要となる)。


    ランキングIT・インターネット

    前日のランキングへ

    ニュース設定