【道枝駿佑】なにわ男子デビュー後初の映画出演!松本潤との共演に「圧倒された」【99.9】

0

2021年12月02日 16:01  ウレぴあ総研

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ウレぴあ総研

写真『99.9‐刑事専門弁護士‐ THE MOVIE』 ©2021『99.9-THE MOVIE』製作委員会
『99.9‐刑事専門弁護士‐ THE MOVIE』 ©2021『99.9-THE MOVIE』製作委員会
12月30日(木)に公開される映画『99.9-刑事専門弁護士- THE MOVIE』より、なにわ男子の道枝駿佑を捉えた場面写真が公開された。

【なにわ男子】大阪から東京、そして世界へ!ドキュメンタリー「世界配信」が決定【コメントあり】

■巧妙に仕掛けられた罠によって、まさかの冤罪を生む事態に

本作は、TBSテレビで2016年、2018年に日曜劇場で放送され、熱烈な支持を集めた松本潤主演『99.9-刑事専門弁護士-』の映画化作品で、個性豊かな弁護士たちが、99.9%逆転不可能な刑事事件に挑んでいく、新感覚の痛快リーガル・エンタテインメント。

日本の刑事事件における裁判有罪率は99.9%。それは日本の司法制度の高い信頼性の証明ともいえる一方、一旦起訴されると検察の考えたストーリーが正しいと鵜呑みにされがち、という大きな落とし穴が。しかし、たとえ99.9%有罪が確定している事件でも、残りの0.1%が確定しない限り、それは本当の意味で‟事実“にたどり着いたことにはならないー。

本作は、その最後の「0.1%」まで諦めず、事実を追求する弁護士たちの姿を描く。

映画では、超型破りな弁護士・深山(松本潤)、敏腕弁護士・佐田(香川照之)、三代目ヒロインの新米弁護士・穂乃果(杉咲花)の元に15年前に起きた毒物ワイン殺人事件に関する依頼が舞い込んでくる。その事件には、謎の弁護士・南雲(西島秀俊)とその娘エリ(蒔田彩珠)が関わっていた!

深山たちは、事件が起きた村で出会った青年・守(道枝駿佑)の協力を得ながら、事件を徹底的に調べていくことに。しかし、巧妙に仕掛けられた罠によって、まさかの冤罪を生む事態に、事実だけを求め続けてきた深山に初めて迷いが生まれる。

最大のピンチに見舞われながらも、果たして深山たちは0.1%の事実にたどり着くことができるのか――。

■道枝駿佑、なにわ男子としてのデビュー後初の映画出演

道枝駿佑は、2014年ジャニーズ事務所に入所し、2018年に関西ジャニーズJr.内ユニット・なにわ男子のメンバーに選ばれ、先日2021年11月に華々しいデビューを飾った。

本作では深山らが挑む史上最大の難事件・毒物ワイン事件が起きた村の青年・守を演じ、深山らに捜査協力する実直な好青年として、これまでに演じた役とは異なる一面を魅せ、デビュー後初の映画出演に俳優としてのさらなる飛躍をも感じさせる。

公開された新場面写真では、タオルを頭に巻きブドウ農園を営む父を手伝う真面目な青年の姿の中に、事件を掘り起こしたくない村人たちと事件を徹底的に調べたい深山らの間で、自らも事実が知りたいと苦悩する表情が切り取られている。

道枝は共演した松本潤について、「再現シーンなど1つ1つのセリフに関して、プロデューサーや監督と話し合いながらアイデアを自ら出して、細部までこだわってる姿を見て圧倒されました」と現場での印象をコメントしている。

『99.9-刑事専門弁護士- THE MOVIE』は12月30日(木)公開。
    ニュース設定