『フルバ』新作アニメ、今日子&勝也のキャラ設定画公開 沢城みゆき&細谷佳正の収録後コメント到着

31

2021年12月02日 18:00  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真アニメ『フルーツバスケット』本田今日子のキャラクター画像 (C)高屋奈月・白泉社/フルーツバスケット製作委員会
アニメ『フルーツバスケット』本田今日子のキャラクター画像 (C)高屋奈月・白泉社/フルーツバスケット製作委員会
 TVシリーズ総集編に新作映像を加えたアニメ『フルーツバスケット −prelude−』(2022年2月18日より全国上映)の本田今日子と本田勝也の若かりし頃のキャラクター設定画像が公開された。

【画像】イケメン過ぎる…若かりし頃の透の父・本田勝也のキャラ設定画

 また、アフレコを終えた沢城みゆき(本田今日子役)と細谷佳正(本田勝也役)よりコメントが到着。沢城は「参加が決まった時から、この話数(その時はまさか単独で切り抜いていただき映像化されるとは思ってもいなかった!)の収録の日を恐れると同時に、楽しみにしてきました。細谷さんの声の入った勝也をたくさんの方とシェアできる日を、待ち遠しく思います。カッコ良かったよ!!!」とコメント。

 細谷は「本田勝也という役に対して、色んなイメージを持つ事ができたし、キャラクターを作り上げていく事が本当に楽しかったです。本作には、とても丁寧に原作をアニメ化されているという印象を持ちましたし、そんな作品の中で、本田勝也という役に自分を選んでいただけた事は、本当に光栄で、うれしい事でした。そして、沢城みゆきさんと今回一緒に仕事をさせていただくことができて、とても幸せで、感慨深いです。自分なりに丁寧に、良い状態で楽しみながら、今回仕事をする事ができたと思っています。楽しんでいただけたら、うれしく思います」と呼びかけた。

 『フルーツバスケット』は、唯一の家族だった母親を亡くして一人テント暮らしをしていた女子高生・本田透が、あることがきっかけで、同級生・草摩由希が暮らす同じ一族の草摩紫呉の家に居候することになる物語。居候初日に透は、代々十二支の物の怪(もののけ)憑きで、異性に抱きつかれると憑かれた動物に変身してしまう体質だという草摩一族の秘密を知ってしまい、ちょっと複雑な事情を抱えた高校生たちの葛藤や悩み、日常にスポットを当てたストーリーとなっている。

 1998年から2006年まで『花とゆめ』で連載され、コミックスは全23巻で全世界発行累計発行部数3000万部を突破。2001年にテレビアニメ化され(全26話放送)、そして新スタッフ&キャストにより再びアニメ化され、1st seasonが2019年4月〜9月に放送。初のアニメ化ストーリーを描いた2nd seasonが2020年4月〜9月に放送され、最終章が2021年4月〜6月にかけて放送された。

■『フルーツバスケット −prelude−』あらすじ
この世の何も信じることが出来ず荒れ果てた生活を送っていた今日子は、教育実習生として赴任してきた本田勝也と出会う。慇懃無礼でクセの強い勝也に翻弄され、次第に惹かれていく。ところが、不良仲間との間で起きた事件をきっかけに親から勘当を言い渡されてしまう。今まで散々好き勝手やってきた罰だ。そう思う今日子の前に、勝也が現れて…。

このニュースに関するつぶやき

  • 何度見てもフルバという文字からRX-78GP01Fbを連想してしまいます。
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • 今日子と勝也を掘り下げることで、ファンにはたまらない映画になりそうですね!
    • イイネ!5
    • コメント 2件

つぶやき一覧へ(9件)

オススメゲーム

ニュース設定