生田斗真と関ジャニ∞は“最強で最高の絆”『FNS歌謡祭』裏側の“せっかちっぷり”暴露「SNS用の写真を…」

2

2021年12月02日 19:31  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真『FNS歌謡祭』の裏側を明かした生田斗真(C)ORICON NewS inc.
『FNS歌謡祭』の裏側を明かした生田斗真(C)ORICON NewS inc.
 俳優の生田斗真(37)と漫画家の高橋のぼる氏(57)が2日、都内で行われた映画『土竜の唄 FINAL』の公開記念舞台あいさつに参加した。

【写真】生田斗真&関ジャニ∞ SNSでの集合ショット

 ティーチインも行われ、ファンから作品にかけた「最強で最高の絆は?」という質問に、生田は主題歌「稲妻ブルース」を担当する関ジャニ∞を挙げた。「関ジャニ∞のみんなと過ごしてきた時間、今回のバディ感、相棒感を感じた」としみじみ語り、「続けてきてよかった。友人、仲間がいて、周りに支えてくれる人たちがいて、今の自分があるんだなと思う」と口にした。

 生田と関ジャニ∞は、きのう1日に放送されたフジテレビ系音楽特番『2021FNS歌謡祭』でもコラボ。生田は「気合入れて歌ったら声、枯れちゃって…。FNS枯れです」と照れ笑いを浮かべていた。

 また、『FNS歌謡祭』の裏話も。「最近、インスタグラムを始めた。きのうの裏でも『SNS用に写真を撮ろう』と言ったんです。僕のカメラって特殊でフォーカスを合わせるのに時間が掛かるんです」と明かす。友人のカメラマンに依頼し、撮影することになったが「関ジャニ∞はせっかちだから『このカメラ、時間掛かるヤツや』と(笑)。カメラマンもあせっちゃって。そんなこと言いながら楽しくSNSをやってます」と笑顔。また、自身の歌唱については「自分が思う『ここ』ってところより2個ぐらい低い音が出たけど、自分に甘いので100点です!」と語っていた。

 高橋のぼる氏によるシリーズ累計発行部数947万部突破の大ヒット漫画を三池崇史監督、そして脚本・宮藤官九郎氏によって実写化した同シリーズ。2014年、2016年に続く3作目にしてファイナルとなる。

このニュースに関するつぶやき

  • 土曜日サタプラに出演しますね〜♪大阪で舞台挨拶あるので行く予定です!エイ斗の絆は永遠だ!!
    • イイネ!2
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

ニュース設定