【漫画】衝撃!突然視界に黒い塊が…人気漫画家「お金では買えない自分の目を大事に!」自身の体験で訴え

0

2021年12月02日 19:40  まいどなニュース

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

まいどなニュース

写真突然眼前に黒い塊が…。 ※曽山さん提供 (一部抜粋)
突然眼前に黒い塊が…。 ※曽山さん提供 (一部抜粋)

人間、健康でいるとそれが当たり前に思ってしまいがち。

【漫画】曽山一寿さんの『漫画家を引退しかけた話』…全編を読む

しかし、誰もがずっと健康でいられるわけではありません。大きな病気を抱えてしまったり身体の一部に障害が出てしまったり…、どんなに気を付けていても思わぬ災難に見舞われてしまうこともあります。

そんな時に、「健康で生きられることの幸せ」を理解するものなのかもしれません――。

『絶体絶命でんぢゃらすじーさん』などのヒット作をもつ人気漫画家の曽山一寿さん(@soyamanga)は、『漫画家を引退しかけた話』として、自身の目が見えなくなりかけたというエピソードをTwitterや Instagram、ブログに紹介。大きな話題となっています。

曽山さん「突然、視界に大きな黒い塊ができてしまった」

視界が遮られ、外を出歩くのも一苦労に。しかも、漫画家など絵描きにとって目は命。一時期は「引退」の二文字が頭をよぎったといいます。

病院に行き診察をしてもらったところ、「硝子体出血」と診断されます。硝子体出血とは、網膜の血管から出血して、眼球の硝子体の中に血が滲み出てしまうことで視界が遮られる症状です。

さらに、治療法については「様子見!」とのこと。大丈夫なのだろうかと不安になる曽山さんでしたが、幸運なことに曽山さん視界はの次第にもと通りになっていき、1週間後には回復したといいます。

しかしながら、もし網膜剥離を伴っていたら失明の可能性もあったとのこと。何とも怖ろしい…。

目が見えることのありがたさを実感

今回の曽山さんのご経験然り、目は人間にとって大事な器官であるがゆえ、視界や視力に重篤な症状が出てしまうのは大きな問題です。

しかしながら、このような目の病気や障害は、目への衝撃などの外的要因はもちろん、糖尿病などの生活習慣病でも起こる可能性があり、決して珍しいことではないとのこと。

筆者の知り合いに、視界に黒い虫のようなものが浮遊して見える「飛蚊症」に悩まされるようになった方がいますが、その原因は加齢によって網膜の一部がはがれてしまったことだったそうです。このように、衝撃や病気といった特に大きな要因がなくても、目に不具合が起きてしまうこともあるのです。

ゆえに、「目が普通に見える」というのは、とてもありがたいことなのですね。

漫画の中で曽山さんは、そのありがたさを自身の経験を振り返りながら痛感し、悔いが残らないよう「漫画を描き続ける」という気持ちを新たにされています。

目の大切さをギャグもまじえながら分かりやすく伝えてくれた曽山さん。「全12話+おまけ」という長編となった本作ですが、各話が掲載されたツイートのリプ欄には、

「深刻な問題について書いているのにオチで明るくしてくれる曽山先生はさすがやわ」
「引退して欲しくないな…めちゃくちゃ漫画おもろいし眼大丈夫だといいなぁ…」
「一寸先は闇、明日は我が身。だからこそ、今この瞬間を悔いのないように生きて、自己の防衛もしっかりしていきたいですね」
「これからも、お身体を大事にし沢山漫画描いてください!!!」

など、激励や感動のコメントが多数寄せられています。

病状について、さらに詳しくお話を聞きました

――硝子体出血が起こってしまったのは片目ですか?

曽山さん:片目だけです。もし失明したらカッコイイ感じの眼帯つけて生きていこうと思っていました。

――眼帯をつけているお姿も見てみたいですが…でも回復されて良かったです。視界が遮られて、困ったことは?

曽山さん:人の顔を真正面からみる事ができないので常に横目で相手をみる事になります。なんかバカにしてる感じがでてつらかったです。

――症状が起きたのは突然だったとのことですが、思い当たるような兆候はなかったのでしょうか?

曽山さん:もともと視力が悪かったぐらいです。視界に黒い固まりができたのは今回が初めてで焦りました。

――本当に突然のことだったのですね。再発を防ぐために、日ごろから気を付けるようになったことはありますか?

曽山さん:とにかく無理をしない、ストレスをためない、眠くなったらすぐ寝る…などです。あと、強い太陽光などが目に良くないらしいので気を付けています。

――ほかにもアドバイスがありましたらお願いします。

曽山さん:100億円と自分の目、どちらが大事といわれたら絶対に目ですよね!?お金では決して買えない自分の目をどうか大事にしてください!

   ◇   ◇ 

現在、曽山さんは「コロコロコミック」で『なんと!でんぢゃらすじーさん』、「コロコロイチバン!」で『神たま』、漫画アプリの「マンガワン」で『でんぢゃらすリーマン』を連載中、ブログやTwitter、Instagramに趣味の漫画も描くなど、精力的に活動を続けています。

「目に気をつけながら描いてますので、興味があったらぜひ読んでくださいね!!」 (曽山さん)

(まいどなニュース/Lmaga.jpニュース特約・竹中 友一(RinToris))

動画・画像が表示されない場合はこちら

    ニュース設定