明石家さんま、40年ぶりNGK正月興行に出演 ジミー、中川家、ゆりやんらファミリー12人集結

1

2021年12月03日 04:00  ORICON NEWS

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真明石家さんま、40年ぶりNGK正月興行に出演
明石家さんま、40年ぶりNGK正月興行に出演
 お笑い芸人・明石家さんま(66)が、来年1月1日と2日に大阪・なんばグランド花月(NGK)で行われる『笑輪の笑い〜Born ready達〜』に出演することが3日、わかった。さんまがNGKの正月興行に出演するのは40年ぶりとなる。

【写真】木村拓哉のアルバム収録曲を作詞した明石家さんま

 “笑いの殿堂”NGKの新春をさんまが盛り上げる。公演には、さんまのほか、松尾伴内、ジミー大西、中川家(中川剛、中川礼二)、次長課長(井上聡、河本準一)、アキナ(秋山賢太、山名文和)、アインシュタイン(稲田直樹、河井ゆずる)、ゆりやんレトリィバァの総勢12人が出演する。

 タイトルの「笑輪」は“しょうわ”と読ませ、昭和レトロなデザインのポスタービジュアルが披露された。

 1月1日、2日ともに午後7時開演で9時終演。チケットは、前売5000円、当日5500円で、全席指定。「FANYチケット」で、あす4日午前11時から一次抽選受付を開始(9日午前11時まで)。二次抽選も13日から15日にかけて行われる。
    ニュース設定