レッサーパンダみたいなアメリカンドッグ? しっぽを再現、体は…東山動植物園のカフェテリア店長に聞いた

0

2021年12月03日 07:00  ウィズニュース

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ウィズニュース

写真東山動植物園のレッサーパンダ=名古屋市東山動植物園提供
東山動植物園のレッサーパンダ=名古屋市東山動植物園提供

 「イケメンゴリラ」のシャバーニで有名な東山動植物園(名古屋市千種区)。園内のカフェテリアで販売されている、動物をイメージしたフードメニューが人気です。開発の経緯を店長に聞きました。

【画像】話題の「レッサーパンダドッグ」がこちら。ライオンピザやコアラアイス、コリラチーストックも紹介

東山動植物園内のカフェテリア
 今春から一般公開が始まった東山動植物園のレッサーパンダたち。

 園内にあるカフェテリア「ミラノスタイル」では、一般公開から約半年後の9月に新商品を発売しました。

 商品名は「レッサーパンダドッグ」(税込み450円)です。

 もふもふしたレッサーパンダのしっぽをイメージした商品で、ベースになっているのはアメリカンドッグ。

 ひとつずつ手作業でキャラメルクランチの衣をつけた後、ココアパウダーをふりかけて縞模様を再現しています。

 提供する際はレッサーパンダの全身をかたどったイラストが添えられていて、より本物っぽく見えます。

店長に聞きました
 気になる味について、店長はこう説明します。

 「衣の部分の甘さと中のソーセージが相まって、甘じょっぱく仕上がっています」

 ミラノスタイルでは、これまでにも「ライオンピザ」や「コアラアイス」、「キリンドッグ」などを企画。

 今回は、レッサーパンダの一般公開に合わせた新商品として企画しましたが、あえて発売は半年遅らせたそうです。

 「コロナ禍ですが、レッサーパンダ人気で来園者が多くなると考えて密を避けました」

 可愛らしいレッサーパンダのイラストは、グループ店の店長の娘さんが担当。

 お客さんからは「可愛い」という反応が多い一方で、「どんな味なんですか?」とよく尋ねられるそうです。

 多いときは1日80本ほど売れていましたが、先日ネットで話題になって以降は100本を超える日もあるといいます。

 「園内の動物を見るだけでなく、フードメニューでも楽しい思い出づくりをできたらいいなと思っているので、これからも新メニューを企画していきたいです」

    ニュース設定